uv pv ヘッダー

残業の恐ろしいおはなし 1/4camera

Category[仕事]
e101.jpg


Source:http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053528588/
1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/21 23:49
消えてしまったので再び立てたド------(・∀・)-------ン!!
会社での残業、バイト先での居残り、夜勤などでの
怖いお話ボシウチウ


7 :名無し:03/05/22 00:26
去年の11月ころ、上司も部下も帰って一人で残業していた。
電話が鳴り、受話器を取り会社名を名乗ると切れる。それが3、4回続いただろうか?
イタ電にいささか頭に来たので、次にかかってきた時、会社名を名乗らず耳に受話器を押しつけ向こうの音を聞くことにした。
しかし、向こうからは音は何もない。俺も意地になって何分でもつきあおうと思った。
3分位経過したときだろうか、聞こえるか聞こえないかの声で「き れ た」と相手が言って電話が切れた。
相手の声が異常な感じがして(地獄からの声とはああいう物なのか)とるものも とりあえず、書類を机にしまい込んで家に帰った。
今でも、一人で残業の時には電話が鳴るとドキッとする。


8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/22 00:55
看護師でつ。
夜勤で恐ろしい話。
いっぱいあるなかで一番おそろしかったのは

紙オムツを食べていたおじいちゃん(う○こ付き♪)。

コレに出逢ったときは泣きました。。。


9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/22 00:56
>>
そういう怖さも(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/22 00:59
>>8
ぎょえ〜〜!!
そうなる前にあっさり死にたいと思う、けふ此の頃・・・


12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 01:03
うちの父上が入院していたときの話.同室の人が糖尿病がひどく脳もやられていたそうな.
その人は結局片足を足首のところで,切断しました.
ある晩,父上が寝ていると,当直の看護婦さんの悲鳴が聞こえた.
見ると,その足を切断した人がいない.とりあえず,悲鳴のしたほうにいってみると,
その足を切断した人が,切断面を床に付けながら,べたっ,べたっと,血のスタンプをのこしながら,歩き回っているのでした.


13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 01:05
>>12
そ、それは怖いけど、残業ではないっす・・・


20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 08:19
>13
そう思ったけど,看護婦さんが夜勤ということで,許して.


15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 01:31
残業しすぎて過労死するのが一番恐いです。
こんなご時世、全国ではそういう人もたくさんいることでしょう。
大企業相手に訴訟もおこせず泣き寝入り状態。

こうなると、もはや奴隷だな。


16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 01:42
>>15
無理せず適度に休んでね。それが出来ないから残業なんだろうけど…


53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 21:56
残業してたら夜中の1時頃、警備の人から「今からこの○○部のドアを外から閉める。扉を開けると警報ブザーが鳴るので、今からトイレには行かないでくれ。」とかなり厳しい口調でいわれました。
たぶん自分たちは今から寝ると言いたかったんでしょう。
明け方まで閉じこめられました。


54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 22:01
>>53
大変だったね


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 23:02
夜中の三時ごろ音楽CDをイヤホンで聞きながら作業していると
外国語の様な理解できない単語がノイズ交じりに比較的はっきり聞こえる
20分おきに聞こえ、話しかけているような気がする


58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 23:04
藻前はノイローゼだ


59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 23:23
>>57
違法無線が割り込んだ可能性有り


60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/23 23:27
タクシーとか運送トラックが外通ったりすると
スピーカーとかに干渉したりするよね>無線
でも夜中にいきなりそうなるとしっこちびるくらいビクーリする


69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/26 03:18
>>60
あれは確かに怖い。
電源入ってないのにスピーカーが鳴るし。
しかも結構音量大きいんだよな。


73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/26 16:45
こないだの土日も朝から晩まで仕事
今週末の土日もたぶん朝から晩まで仕事
連続20日働かせる会社が普通に怖い


74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/26 16:47
あんまし怖く無いけどスマソ実際の体験談
以前勤めてた小さな電子機器保守会社でのできごと
横浜北部だけど廻りに何もなく、山の中の盆地みたいな寂しいとこにあった
人は常駐してないけど24時間体制なので夜中呼び出しがしょっちゅうある
夜中2時頃客先から呼び出し受けて、会社に車を取りにいったら とうぜん誰もいないはずなのに4Fの総務部の窓の一角から淡い光が見えた
蛍光灯とも違うし、懐中電灯とも違う妙な光、10秒くらい光ってたけど消えてしまった
何かの反射か見間違えだろうと思い1Fのロッカーで着替えをしてから駐車場にでて、4Fをみてみると・・・


77 :74:03/05/26 17:09
3F〜4Fの階段の踊り場の窓から
白というかベージュに近い半袖ワンピースを着た小学校3年生くらいの女の子がこっちを見てるんですよ(季節は寒い寒い2月ですよ!)
それからもう振り向かないでダッシュで客先に向かいますた。
その後この話を会社でしたところ総務の女の子も1度見かけたそうでバカにされるから誰にも話さなかったらしいだけど
朝一で出社して総務のドアを開けたら なかで小学生の子が毬つきをしていて、見てる間に直ぐ消えたそうな
本人は幻覚かと思ってたらしいが この話が社長(地元出身)の耳に入ったらしくて その後1ヶ月くらいして社長室に神棚ができますた。
もう少し続く・・・


83 :74:03/05/26 17:29
それから約2年後
地元の人が途中入社で入ってきました。
その人の話では昭和30年台後半頃、会社の立ってる裏山の斜面で小学生の女の子が死体で見つかったそうな
事故で処理されたらしいが、当時地元では目星のついてる変質者に殺されたと噂になってたらしい
それで今まで全然気がつかなかったんだけど
氏んだ秋頃になると毎年裏の斜面に花束が置いて有るんだよね
今はもう会社もなくて周辺一体宅地造成されてます。
見には逝ってないけどおそらくその上には事情もしらずに幸せな家族が住んでることでしょう。

糸冬


104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 22:42
会社のトイレ、夜に入ると変な音が聞こえてくる。
その音が聞こえたらダッシュでトイレから出ます。
物凄く怖いです。


105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 22:47
>>104
どんな音なの?


106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 22:50
何か『ピッチャン、ピッチャ〜ン、ゴーーー』っていう音です。
自分以外に誰も入ってないのにこんな音が聞こえてくるんです。
思い出しただけでも怖いです・・・。


107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 22:51
わたしは鋳造工場で働いていました。工作機械の部品です。
マシニングはかなり大きいものを作ってました。
(リフト事故やグラインダーの大きい事故があって労働基準監督署にけっこう目をつけられてましたね。グラインダー事故は目を塞ぎたくなるほどすざましい)
ある深夜(夜中の2時に炉の当番が出勤)
2000度の釜に足を滑らして死んだ方の話しは駄目ですね。
私は朝駆けつけたんですがね


109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 22:55
グラインダーって何ですか?
あと、月給はおいくらくらいですか?


112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 23:00
>>109
木を切るチェンソー知ってるかと思うが
電気グラインダーは鉄をバリバリ削ったり穴あけたりするかなり危険な工具
下手くそは足なんかスポンよ


111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 22:58
何で月給まで知りたいんだ?


114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 23:11
>>112
どうもありがとうございます。

>>111
危険な仕事みたいなんで、やはり高いんだろうと思って。


115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 23:16
うちの会社があるビルで5年くらい前に自殺した人がいてその時ふざけて写真撮ったヤツがいたんだけど
ある日霊感のある人がその写真を見た時 「この写真生きてる」って…さらに会社の中に2体ほどいるらしい。
そんな会社にときどき泊まります。あっまた足音だ…


120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 23:30
>>115
九州にはフンドーキン味噌「生きてる」ていうのがある


121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 23:35
》120
ワロタ


122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/28 11:19
残業の恐ろしい話とはちと違うんですが。

7年位前に2年ほど、千駄ヶ谷某トンネル近くの設計事務所に勤めていました。
小さな事務所で実際に働いていたのは、私と社長だけのハズですが、気配だけの人も数人いたようです。
よってその事務所、日中奇妙な物音がするのは当たり前ですた。

社長はあっちの席、私はこっちの席、ほんじゃあいだをウロウロしているこの足音だーれ?と言う程度に。

そうそう、人影がスッと通りすぎることもあった。
けどもうどうでも良かったんで覚えてないのです。
かまっているほど暇じゃなかったのです。

で、そんな事務所で何が妙だったかというと夜になるとむしろ静かになったこと。
出払った、と言う表現がふさわしいほど気配が消えるのです。

それともどこかから通勤してたんですかね?

辞めるまで残業時に勤務時間中のような体験をすることは一度もありませんでした。


123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/28 23:11
>>それともどこかから通勤してたんですかね?

この表現がコワイ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/29 21:28
私の知人も、霊は生きてる時と何変わりなく普通に過ごしてるといっていたんだが

じゃあなんで霊になる人とならない人がいるんだ???


127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/30 08:58
>>126
みんな霊になってるけどこの世と波長が合わない人が見えないってだけなのかもよ。
むこうの世界でもこっちの人、見えたり見えなかったりしてキヤー幽霊とか言ってそう。
残業で怖い思いしてたヤシラも実はむこうに怖がられてたりねー


128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 03:27
俺、先月まで居酒屋でバイトしてたんだ。
間接的にそこを辞めた原因ってのが、「見た」からなんだよ。
金曜日なんかは俺は必ずシフトに入ってて、AM3時まで残業ってのもしょっちゅうだった。
で、3月の末だったかな。その日は久々の大入りで、お客さんがはけたのがAM2時半頃。
店長はもう疲れ切ってて、かなり辛そうだったから俺は「皿洗いとか俺やっときますから、少し寝てて下さいよ。」
って言って、小上がりで店長を休ませてクローズの仕事をしてた。一時間程で仕事が終わって、煙草喫ってた、その時。
トイレのドアが突然、勢い良く開いたんだ。「バムッッ!!」って。
俺はビビリながらも「風かな?」とか思って閉めたんだが、何度もそれが続くんだ。
我慢できなくなって、店長起こして事態を説明したら、店長が
「ああ、アレか。お前ら若くて明るいコ達がバイト入ったら出なくなったんだが・・・。」
「え、今までしょっちゅうでt」言いかけたとこで「バァンッ!!」
開いたドアの隙間からは、坊主頭の男(20代後半くらい)がこっちを睨んでた。
顔を見合わせた店長と俺は、戸締り済ませて速攻で逃げたよ。勿論トイレのドアは開けたまま。
それから2ヶ月、俺はプライベートでも色々おかしな事に出会うんだけど、スレ違いだし、長くなったんでやめます。


130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 08:54
>>128
こえーよ!
プライベートの話も聞かせて欲しいっす。


136 :128:03/05/31 17:55
じゃあプライベートの話でも。
ある日、部屋にいる時に店長から電話があって、話してたら「何処で飲んでんの?」との事。
「いまは部屋に一人でいますよ?」って答えたら、「じゃあ後ろの方から聞こえるその声はナニ?」って。
あとは消したはずの部屋の電気がいつのまにかついてたり、風呂入ってる間に勝手に誰かが電話に出たり・・・。
個人的な事情もあり、バイトを辞めたらそういう事は無くなったんで安心してますけどね。


146 :ボヤの話:03/06/03 10:33
残業とはちと違うかもしらんが・・・まあ聞いてくれ

わたしはサービス業でいつも帰りがよる9時や10時をまわる
途中で腹が減ってケンタッキーや牛丼ゃによって食べて帰る事が多いので遅い
その時は母親が胃潰瘍で入院していてオヤジと2人だけっちゅうのもあって
早く帰ってくる親父は勝手にその辺で弁当とか買って酒飲んで食べてさっさと寝るとゆう生活
わたしもうちに着くと疲れ果てて風呂入って寝るだけの生活で余裕がなかった

その日も帰ってきて風呂入ってグーグー熟睡した
殆んど夜中に起きる事など滅多にない
・・・が・・・あまりに疲れて疲労で耳元で幻聴が聞こえた

「オイ!!オイ!!オイ!!早く!!」

あまりに声が大きいので寝ぼけてたわたしはクソ親父のやつが酔っ払って暴れだしたんだろう と思い
このクソ眠い時に急にムカムカして眠気どころか腹が立ってきてドついてやろうかと廊下を隔てて奥のオヤジの寝室に行こうとした


147 :ボヤの話:03/06/03 10:34
するとオヤジの部屋のドアーはきちんと閉まっていてドアーから白い煙が出てる?
なんだ?これ?急いで部屋を開けるとなんと部屋は真っ白で立ち込める煙
部屋を開けたせい?か急にバチンと音がして白い煙から火が出てきた!
わたしは気が動転してオヤジの顔や体を叩いてをたたき起こそうとしたが返事がない・・
仕方ないので足から引っぱって部屋から引きずり出す
その間にも火がまわっては洒落にならない
布団で黒焦げ布団を塞ぎ(とても人間ワザとは思えないスピードで・・)
煙にむせ目はひりひり涙出て痛いわ喉苦しいわ息できないわで

今思い出してもどうやったらあんな力が出たのかわからない(わたし女だ)

オヤジはわたしが気がついた時にはとっくのとうに気を失って二酸化炭素中毒で病院に運ばれたが一命を取り留めた
どうやら酒を飲んで寝タバコをしながら寝たようで全く記憶がないという
わたしが帰ってきた頃はまだ煙が回ってなかったので気づかなかった

畳の焦げ跡がこれまた凄かった
消防車が4台駆けつけて後処理をしてもらったが火が消えてるっちゅーに警察まできて事情聴衆までさせられて
「気づくのがあと20分遅かったらお父さん危なかったですよ」といわれた・・・
それにしてもあの声は一体誰なのかと不思議な話でございました


148 :ボヤの話:03/06/03 10:39
オヤジさんの声だろう?と思うかもしれませんが二酸化炭素中毒で喉をやられて声など出ません
わたしも喉をやられて次の日声が出ませんで休みました


150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/03 23:37
>>146
そういう天からの声ってのはいいよねぇ。
きっとご先祖様が助けてくれたんでしょう。( ´∀`)


151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 11:39
>>146
なんか久しぶりにいい話を聞いたような気がする。
ともあれ、あなたもお父さんも無事で良かった。


152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 18:40
>>
一酸化炭素中毒では?


153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 19:46
( ´∀`)旦~~


155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 21:46
社員5人の小さな事務所に勤め始めて1カ月過ぎた頃の話です。
事務所はマンションの5階、私の席は、顔を上げるとちょうど大きな窓が目に入る場所でした。
これだけでその後の展開が読めてしまうと思うんですが、
そうなんです、たまに集中が切れて机から顔を上げると、ベランダも足場もない窓の外を女の人が横切ったりするのです。
最初、私は残業中なのにわっ!と声を上げてしまいました。
「どーしたの?」(先輩、とてものんびりと)
「あの、すいません、あそこに、何か……」
言い終わらないうちに、先輩たちはうんうんと頷いて、
「あー、あれね。たまに見えるんだけどあんま気にしないで」
「怖かったら席変えてあげよっか?」
どうやら社員全員、窓の外の女の人に気づいているようでした。
「怖くないんですか?」
「あー、でも、別に無害だし」「気のせいだと思った方がいいよー」
「つーか現実の女の方が怖いって(一同ゲラゲラ)」
実際、私が入る少し前にある先輩絡みの女性が残業中に乗り込んで来て、救急車を呼ぶような修羅場になったんだそうです。
あれから2年、周囲があまりにも怖がらないので私まで慣れてしまい、新入りの子に訊かれても「大丈夫だよ〜」と、のんびり答えています。


156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 22:28
(´-`).。oO(窓の外の女の人は一体何がしたいんだろう・・・)


159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 23:32
私が勤めていたビルは飯田町にありました。
ビルの一番上の9階がオフィスだったんですが
なんか9階って霊が憑き易いっていいますよね?
そんなこと知らずに、オフィスの窓際で同僚と3人で摂った写真に全然違う顔の人が写ってました。夕方7時半ころ撮りました。
窓にその女性が写ってたのですが、見れば見るほど違うし服まではっきり違うんですよ。
(私達は冬の制服でその人は腕が出ている柄があるようなブラウス)
ショートヘアーのその人はこっちをギロっとにらみつけて恐ろしい形相でした。
気味が悪いので実家に帰った時、神社に行って供養してもらいました。
5000円かかったけど、持ってるのもきもち悪いので


160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/05 23:36
それと一緒に点灯ランプが窓に2つほど回ってるのが写っていました。
よくパトカーなんかとか工事中なんかの・・
とにかく気味悪い写真でした。
そこの会社で起こった不気味な出来事も今度話したいです。


161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/06 02:09
9階が良くないって話は始めて聞いたなあ。
数字的には4とかのほうがヤバ目?とか思っちゃうけど・・・


165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/07 21:23
残業中、誰もいないと思って思い切りブッブクーブー
音鳴らしてうんこしたら
となりのドアーから誰か出て行く音がしたのや・・同じフロアーの会社の人かねー・・(*・∀・)


171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 10:12
只今夜勤のバイトから帰りました。
私ビル管理会社のバイトをしてまして、有名じゃないけど近所じゃ噂のビルに決まりました。
噂は不倫してた女性が絶望して飛び降りたとかレイプ事件があったとかです。
まぁ、噂は噂でそんな事実はありませんでしたが、妙に後ろを振り返ってしまうビルです。(噂を気にしてるせいもありますが)
昨夜、事務所に詰めていると警報機の非常口が鳴り出しました。
確認に行くと、案の定と言うか誰もおらず侵入の形跡もありません。
しかし、事務所に戻るとき背中を向けると視線を感じるような感じでムズムズしました。
それが4回続き、もう一人先輩がいたので交互に見にいきましたが、二人でビビってわざと明るい話を大声で話しました。
ようやく日も上がってきて落ち着いてきたのか先輩が「最後に二人で見に行こうぜ」などと言い出し、私も「いいですよ」などと強がっていました。
非常口に着くと相変わらずムズムズ。すると先輩が「やばい!逃げるぞ!」と叫び事務所までダッシュです。
タイムカードを押し二人でビルを出て先輩は「チラッと男が見えた・・・」と言ったきり黙ってしまいました。

今書き込みをしながら、このバイトを続けるべきか否か真剣に悩んでいます。
お金は欲しいけどあれが気のせいじゃなかったらどうしよう・・・・・


172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 10:49
>>171
ほんとうに浮浪者の男がいたのなら、それはそれで洒落にならないね。
しかし暗いうちには出なくて、日が昇ってから出るってのがいやらしいな…

がんがって続けて、これからも貴重な体験談を書いてくれ!


174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 21:44
違う意味で怖い話。

前の職場で残業を毎日10時間してました。
某元国営電波を発信してる基地にいたんですが。
28時間労働なんて当たり前。
もうこの残業がホラー。

そんな生活送ってたら気がついたら赤信号を渡ってたり
幻覚が見えたり、タイムスリップしてたり、
結構疲れているせいか憑かれているせいかわからない出来事がテンコ盛り。

しかし、今考えると誰もいない深夜の廊下を歩いていると
キャストかな?と思われる子供とかとすれ違ったりしてたけど
普通に考えたら、午前3時に働く子供も収録もないし
あの人々はもしかしたらやっぱりアレだったのかと・・・。

よく話には聞いていたが、まさかね、と今でも疑がってまつ。


176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/09 23:22
>>174
あるよなー。赤信号なのに全く意識してないってやつ。
寝不足はとにかくこれが怖いね。
何度もやってるのでそろそろ事故りそう・・・


180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 18:37
>>>176
ほんと、連日のサービス残業とか最低だよね...。
もらっている金以上の労働はしなくていいよ、
つうかお腹いっぱいだよマジで。

過労死とかうっかりしちまって
自分がオカルトな存在になるのだけは勘弁。

みんなも気をつけよう。


181 :171:03/06/12 13:39
こんにちは。以前投稿したビル管理バイトの者です。
今日は昼出勤で、今バイト中なのですが暇なので投稿します。
今現在はオカルト的な現象はありません。
ですが、先日一緒に入ってた先輩がやめてしまいました。
嘘のような本当の話。
来週の月曜が夜シフトなのですが、その時また現象が起こったら絶対にやめます。
駄レスですみません。


183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 23:09
>>181
うん、まあ、無理すんなよ。気を付けてな。
桃持ってけ。桃は幽霊を追っ払ってくれるってバアちゃんが言ってた。


195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:00
前の会社(台東区の某玩具メーカー)でのこと。
深夜12時過ぎに泊まりで残業してたときのこと。広いフロアに俺だけ。
あんまり霊感とか強い方じゃないんだけど、俺の席の後ろのカーペットの床を、誰かが何回も何回も往復する。
さか、さか、さか、さか、って。
マジで翌朝までにできてないとまずい資料だったんで、何も聞こえない振りして仕事。
そしたらいきなり内線電話が鳴った。
反射的に電話に出たけど「はい○○部ですが。もしもし?」「(無言)」仕方ないんで切る。
切ったら間髪いれずに次が鳴った。出ようか出るまいか迷って、ふと辺りを見回すと、
俺の席から同じフロアの反対側、電気が消えてるあたりで、誰もいない席の電話器の発信ランプが点滅してる。
あーこらあかんわ、と思ったけどなんか急に頭に来て、
「あーうるせえ!悪いけどさ、仕事なんだよ!邪魔しないでくんねえかな!?」って怒鳴ってしまった。
そしたら電話が鳴り止んだ。それからは足音もしなくなった。

次の日先輩にそのことを話したら、この建物は子供の霊がいるよ、って平気で言われた。
おもちゃの会社だから、こどもの霊が集まりやすいんだと(昔お払いに来たお坊さんが言ってたらしい。)
あーなんか怒鳴って悪かったかなって思った。5年程前の話ですた。


199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 20:09
>>195
カッコ(・∀・)イイ!!

つーかそんなこと俺は絶対できないけどね・・・


208 :171:03/06/17 15:11
ビル管理バイトの者です。
昨晩バイトに入りましたが、やめる事にしました。
昨日は警報機は鳴らなかったんですが、非常口の見回りのときにひたひた足音が聞こえたんです。
最初は自分の足音が木霊してるのかな?と強引に思おうとしたのですが、ワンテンポ遅れてくるんです。
しかも、裸足っぽい音だし・・・・
非常口から10m程離れると音がやむのですが、また視線を感じるんです。
全ての事が偶然で思い込みだとしても、このままじゃストレスで余計に疲れてしまいます。
バイト程度で体壊してもバカらしいのでやめる事にしました。


209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 15:43
>208
お疲れ。
取りあえずゆっくり休むといいよ。


210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 16:25
んだんだ。
仕事で身体壊したら元も子もねーべさ。
元気だったらまたどんな仕事でもできるしな。


212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:09
前いた現場で残業してると、窓際に置いてある端末のマウスが
カチカチと押されるような音がするって現象が起きてた。
最初は不気味だったけどそのうちなれて、
「おー、窓際さんがまた来たよ」
なんてみんなで言ってたっけ。


214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 00:10

  ∧_∧
 ( ・∀・) ウシロノヒトモ ザンギョウシテルノ?
 ( ∪ ∪  
 と__)__) 旦~~


215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 04:14
うちの会社は、残業するのに当日の午前中までに、決済権者にメール等
記録の残る形式で申告し、承認を得ないと残業を認められません。

で、忙しくてつい申告を怠っていました。
働いてること自体は、口頭報告で部長も知っています。


月末に届いた一通のメール。
『事前申告がなかった40時間分の残業は、認められません。修正申告してください。』

残業の恐ろしいおはなし(どっとはらい ・・・って、笑ってくれよぉ、趣旨が違うけど(グスン


216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 17:48
合掌(=人=)


217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 18:44
厳しいけど、取り決めてある以上、なんともね・・


218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 23:08
うちの会社は10時を超える残業は組合に申告しなければならない.
そんで,10時になると組合が見回りにくるよ.
申告していない残業が見つかるとその部署は残業を停止させられる.
なもんで,10時をすぎると組合のみまわりが怖い..
特に追い込みのときとか,見つかると実質作業が止まっちゃうわけで.
10頃はドアが開くのが怖い.


219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 16:09
老人ホーム勤務。といっても普通のホームと違い特別養護老人施設という
精神、肉体的に介護を必要とする入居者が多く、まともに会話できる老人はいません。
ここで一生を終える方が大半です。
私は経理事務なんですが残業は日常茶飯事。
年末に一人23時まで残業をしており、一段落して帰ろうと思い事務所を出たんですがなぜか入居者食堂の方からうなり声が。
てっきり入居者が起き出して徘徊しているのかと寮母、ヘルパーに報告しようと思った矢先、すごい勢いで車椅子を走らせ片手に鎌のようなものを持ち私の方に走ってきたのです。
つづく


220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 16:26
びっくりしましたが所詮は老人。とりあえず鎌を取り上げ寮母・ナースセンターへ連絡。
「今から迎えに行くからちょっと見ていて」ということだった。
お婆さんは不動のまま「食べたい・飲みたい・苦しい」という言葉のみを連呼。
口調は激しくなるいっぽう。「大丈夫だよ」と諭していたんですが突然手足をばたつかせ、おもむろにパジャマに手を突っ込み排泄物を食べ始めたのです。
そして立てないはずなのに急に立ち上がり私に「もっと、もっと」と手を差し伸べてくるのです。
つづく


221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 16:43
お婆さんは車椅子の後ろのポケットをあさり、中からハサミを取り出して「これで食べれるね」といい私に向けてハサミを突き立てて襲ってきました。
私は一目散で食堂から南棟へ逃げヘルパーを見つけそのお婆さんの件を報告。
ヘルパーと宿直担当の男の方と一緒に食堂へ戻ってみました。するとお婆さんと車椅子がいなくなっており汚物の跡のみ。
跡はトイレへ続いていて私たち3人はトイレにいってみると、お婆さんは自分の髪を切って食べていました。
その日は隔離して寝かせたそうです。今も健在ですが、しゃべることも動くこともできず寝たきりになっています。
時々、口をゆっくりあけて「あぁぁぁ〜」と唸っていますが怖いです。
おわり


227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/22 23:02
>>221
やだなあ、老後施設とか。排泄物の処理しなくちゃいけないんだもんなー
ただでさえキツいのに食べる人とかいるんだってね。


229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 15:47
>>221
き、きつい。
排泄物を食うとかマジきつい。
残業のキツイ話ですよそれ…うぇぇ


222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 17:18
一人オフィスで残業をしてた時のことです
もちろん一人なので会社の明かりは自分周辺だけでした。
深夜過ぎたあたりでふとトイレにいきたくなりましたが、トイレは離れており暗いためしばらく我慢してました
そのうちどうしても我慢できなくなりダッシュでトイレに駆け込み用を足しました
そしてまた暗くて怖いためダッシュでオフィスに戻りデスクに座ったそのとき!!


223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 17:51
残尿が漏れてしまったと。


224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 17:58
>>223
当り!!突っ込みまってました
ありがとう、えへっ!!


230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 15:50
昔、連日深夜まで残業もしくはお泊りって状況の時
ストレスがたまった同僚が「気晴らし」とか言って、部屋の監視カメラの前で上半身裸で踊りだした。
翌日、そいつはそのビルに出入り禁止になった。


231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 16:18
>230
ただの出入り禁止でつか?それとも退職でつか?


232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 16:52
>>231
ただの出入り禁止です。
出向みたいな感じでそのビルで仕事してたので。

誰かに迷惑かけたわけじゃないのにヒドイなぁ・・・と当時思いました。

つーか全然怖くない話でスマソ。


233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/23 22:53
いや、監視カメラの向こうで見てた人は
よっぽど怖かったのかもよ・・・


235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 23:55
全裸で踊り狂う人影みたらいやだろ、やっぱ


236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 23:57
>>235
子供の頃に見た・・・取り押さえられて連れて行かれた・・・


237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 23:59
全裸万歳


238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 00:09
全裸で残業すると気持イイ


239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 01:36
ネクタイはずして、あとズボンだけなら脱いでみたことあるな。夏、夜は空調切れちまうんで。
涼しかった。


241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 12:26
>>239
シャツとズボン脱いで、ネクタイだけつけてたら面白かったのに。


242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 21:42
ネクタイは頭もしくあそこに巻くのが基本じゃ


243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 23:43
野郎ばかりのくりえいちぶな職場で働いてた頃、
女の子は早く帰った方がいいと言われ、
先輩たちに感謝しつつ一人残業落ちしたのですが、
途中で忘れ物に気づいて会社に戻ったら先輩2人がパンツ一丁、1人が素っ裸で普通に残業してた。

男の人って何で裸で残業するんだろう……


246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 00:13
>>243
クーラーがないからだろ。


252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 02:15
>>243
オナニー中突然ママンにふすまを開けられた心境だな


247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 00:17
違う!祭りなのだよ!全裸でもサラリーマンの魂であるネクタイは着用するがな


248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 00:25
マジレスすると翌日汗臭いシャツで客と会えないから
徹夜した男性社員がいたら給湯室をチエック
風呂がわりにした形跡があるはずだ


257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 15:38
252さんのレスではないが、残業でフロアにひとりきりになった時って、2回に1回くらいはとりあえずオナニーするよね。
なんとなく解放感で。


259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 13:47
>>257
家でインターネット無い時代に会社で良くエロサイト見てオナニーしたら、次の日メールに「終わったね。」ってHotmailの捨てアドから来ちゃいました。
それっきり何も無いんだけどね。


260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 14:04
>259
そのオナニー現場をコソーリ目撃してしまった同僚から、だったりして・・・?


262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 21:48
オレはオナニーするときは会社の鍵全部閉めて
人がいないことを確認してからするぞ。


263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 22:37
会社じゃなくて家でしろと言いたい。


264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 00:22
同僚二人で残業。一人が便所に行ったまま帰ってこないんで、心配して見に行ったら
んこする所でオナニー。(漏れは隣の便座に上がって目撃)

ばつが悪いんで気づかれないように帰ろうとしたら、便座から降りる時「カタッ」と
便座が鳴ってしまい、隣から「ガタガタッ」とあわてる音。

その隙にそそくさと部屋に戻る漏れ。びっくりした顔で戻ってくる同僚。
同僚「今、んこしてたら誰もいねぇのに変な音が聞こえたー。こえぇぇー」

おめぇのほうがこえぇーよ。


265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 00:26
>>264
便座に上がってタシロってるあなたも怖いよ。


266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 01:10
>>264
男がオナニーするところを凝視するもう一人って構図をリアルに
第3者がリアルにみてしまったらどうアクションするか判断に迷うな。


249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 01:06
府中のJ●ワーには女の霊がでるよ。
1人で深夜残業してた同僚が憑かれそうになってお祓いを受けた。
当時、漏れもよく残って仕事してたけど、チョット気味悪かったYO。


254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 00:27
そういえばJタワーは敷地の中に神社があるよね.


282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 16:42
私はむかしゼネコンのOLをしてました。
あるとき熱を出し、女子更衣室の奥にある機械室のせまーいところにはいりこみ薬を飲んでゴロンと寝てしまったんですよ。
途中先輩や同僚が声をかけてくれてたんだけど、意識もうろうだった。
何気に目を覚まし時計を見たら深夜の一時!!どっひゃーーー;
社屋から出ようにも何せ自社ビルで、己らで建てたもんだから手抜き無しのセキュリティーででられなかった。
管理人さんも寝てしまったのか電話にでなかったし・・・
仕方なく真っ暗な廊下にでてトイレに行こうと歩き出したら向こうから コンッ コンッ と足音が聴こえてきた
そしたらいたんですよーーー
前年に現場で亡くなった建築課の主任がぁ。


284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 18:08
十数年前の話。
当時私はプログラマーをしていました。
夜遅くまでの残業は当たり前のことで、
晩秋のある夜も同僚数人と会議室で残業をしていました。
その会議室は廊下に面した壁の上半分がガラス張りになっており、節電のため廊下の電気は消してありました。
23時をまわったころです。
廊下を何かが横切ったような気がしました。何か白いモノが。
でも他に人がいるはずもないので気のせいだろうと作業を続けていました。
しかし、隣で作業をしていた同僚がぽつりと言いました。
「廊下に何かいるよ」
彼女が言うには白いワンピースを着た女性が廊下を行ったり来たりしているというのです。
他の同僚も変な気配がすると言いだしました。
一同いやな気分になってしまったので結局仕事を切り上げ帰ることになりました。
後日先輩に聞いたところ、
「あ、あれね。たまに出る。でも夏になると赤い服になるんだ。衣替えするんかね」
などと言っていました。


286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 23:52
14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/10 22:47
んじゃ、心霊関係。同じ会社の話。
動物実験やってた実験棟の地下に、放射性物質を焼いて処理する焼却炉があった。
かなり大きい物で、その側に実験が終わった動物の遺体を保存する大型フリーザーが 4機あって、他の課の手伝いで良くそこまで遺体を運んだことがあった。
ある日、夜10時ぐらいまで犬の解剖があり、私も手伝いで残業をしていた。
血抜きをしている最中に、夕方の解剖の片付けをし、血が染み込んだガーゼなどを纏めて地下のフリーザーに女の子3人で置きに行った。
エレベーターを使わず3階から地下へ降り、そこから更に焼却炉がある部屋に降り、フリーザーに荷物を詰め、慰霊のための祭壇にある線香をつけ黙祷、三階に帰ろうとした。
その時。
誰も呼び出しボタンを押していないエレベーターの扉が開く音とかりかりと床をかく犬の足音が...
動物管理の誰かが、地下の一時待機室に新しい犬を連れてきたのかと思い待機室を覗いたが、何もいず、ふと祭壇を振り返るとついさっき付けたばかりの線香が、すでに燃え尽きていました。
先輩に聞いたところ、猿や犬などの中型の動物を解剖するときに良くある話らしい。


18 :14 :03/07/10 23:15
もういっちょ。同じ会社の話。
ラットの実験やってた課にいたときのはなし。
ラットを飼育する棚は2段になっていて、下の段にあまりちゃんや予備ちゃん、上の段に実験ちゃんを入れていた。
ある実験をしてるとき、下の段の予備ちゃんの中に人なっこい子がいた。
上の段の子に餌をやったり、作業してると白衣の裾を引っ張る。餌を手渡しすると受け取って可愛かった。
でも、余分な子は生かしておく余裕はないのでその子は他の実験に回されることになり、すぐさま血を抜かれて死んでしまった。
悲しくて、自分が殺したわけでもないのに、慰霊碑に線香をあげ、遺体に餌を抱かせてやった。
それから2ヶ月ぐらい、実験室で一人で残業してると白衣の裾を引っ張られた。
白衣の裾引っ張りは、実験で余ったマウス7匹を家に引き取った時点で収まった。
あのときのラットちゃん、成仏してくれたのかなぁ...

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 00:49
>286
だめだよ、こういう話は・・・。
こわいっつーより哀しいよ。

この話読み終わったときにそれまでずっと膝の上で寝てた
猫が突然飛び起きてこっちをじっと見つめたんだよぉ・・・。


288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 00:53
泣きそうになった。


289 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :03/07/11 00:58
洒落怖スレにも書いたんだけど、今勤めている会社の工場ではちょいちょい不思議なことがある。
工場はクリーンルームになっていて、出入りするためにはエアーシャワーを通らないといけない。
エアーシャワーと言うのは工場内にゴミを持ち込まないようにするための設備で通ると横の壁から空気が噴射され一定時間が経たないと扉が開かないようになっている。
当然、人が出入りするとそのエアーがゴォーッと音を立てるわけだが、深夜人の出入りが無い時にもたま〜に鳴る。
センサーの異常かも知らんがあまり気持ちは良くない。
それから工場内で作業をする時はクリーンスーツと言うつなぎと目の部分しか見えないマスクを付けて作業をするが、夜間作業時に人数が1,2人多いことがある。

先輩から聞いた話では昔、深夜作業中に壁から子供を抱いた女の人が出てきて反対側の壁に消えて行ったと言うことがあったそうだ。


290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 01:49
私の会社でも3交替勤務をしていますが、数年前に夜勤の休憩時に誰かが
「何か、匂わないか」と言い、みんなでクンクンさせてると休憩室の横の部屋から線香の匂いがしていました。
それが決まって大体2時30分位になると匂う事が暫く続きました。
そしてある日から匂いがしなくなり気にならなくなった頃に、「休憩室横の部屋のすぐそばで仕事をしていた人が亡くなっていたらしい」という話を聞きました。
たいがい的には病気で亡くなったという事になっていましたが、実際は仕事上の悩みで自殺していて発見されるまで1・2ヶ月は経っていたとの事でした。
匂わなくなった日というのが、丁度発見された日だったんです。
すごくいい人だったのに・・・


300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 21:12
残業代が出なくなりました


302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 22:21
>>300の話が一番怖かった



[残業の恐ろしいおはなし 2/4]に続きます。
2010/05/26(Wed)23:59
by gkbr2ch管理人
←[*]PREVNEXT[#]→
Comment:1 TrackBack:0
i-mobile

Entry URL

Trackback URL

9ブログトップ 0ログイン
フッター