スポンサーサイト(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

吊り橋(0)

e87.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/05/12 ] 【Short】 山. | | コメント(0)

御巣鷹山(0)

176 :t:03/01/26 17:47
わたしが大学の時に、群馬県の方に旅客機が墜落しました。
季節は巡り、悪友とツーリングに行こうという事になりコース関係上、墜落した付近の峠を走らねばなりませんでした。
悪友はいっさい、心霊や妖怪といったものは信じない人なので、「毎年、供養のために花とか関係者が上げているじゃ
ないか。出るわけないよ!」と、平気な顔をして言います。
わたしは彼に、「みんな(身体の部分)見つかっているわけじゃないだろ……あぶないって」
と、言ったのですが、聞くわけがありません。
だって、コースを変更すると、目的地へは4時間は余分にかかるのですから……。
しぶしぶ、そのコースを取ることとなりました。
果たして、問題の峠の入り口に着きました。路肩にバイクを止め、一休みしていると、悪友はわたしを尻目に、
「ひとっ走りしてくるわ」と言ってコースに入って行きました。
しかし、10分もしないうちに戻ってきます。戻ってきた友人に、「早かったな。何かあったのか?」
と聞くと、友人は何をあせっているのか、バイクのサイドスタンドさえ立てるのもおぼつきません。
平静を装おうとしますが、震える彼の手がすべてを物語っています。
ようやく、ヘルメットを外した彼の顔は、蒼白状態でした。「出た……。出たんだよ……」
「何言ってんだよ。いつもの担ぎだろう。お前に見えるわけないだろ……」
と言って、わたしはバイクのエンジンをかけようとしました。しかし、なかなかかかりません。
「あれっ、おかしいな……さっきガソリンを入れたのにな」
「やっぱり……、冷やかしに来た俺たちに来るなといってるんだ……」

[ 2010/03/11 ] 【Short】 山. | | コメント(0)

身代わり(0)

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 23:37
もしガイシュツだったら勘弁だぞ。
 ある男(仮にAとする)が人気のない山の中をさ迷い歩いていた。
ちょっとしたはずみで道に迷い、もう半日。季節は冬、かなりあせって
いた。木立の中をふと気付くと何と…かまくらのようなものが見える。
『こんなひと気のない山奥でかまくらとは…』Aは不思議に思ったが、
疲れ果ててもいたし、恐る恐る近寄った。そばに来て覗き込むと、
半纏のようなものを着込み、男が一人、中に座っている。何やら昔の
書生めいた風情だ。こちらに気付くと中の男はにこりと笑ってきた。
『やあ、ちょっと寄って行きませんか』Aが何も言わずにいると、
『ちょっとした宴会気分ですよ。ほら』と湯気の立つ日本酒や、
なかなかうまそうな料理を指し示した。とにかく不思議だったが、
それを見たらもうダメだった。『いいんですか』
 そう聞くと『ええ。どうぞどうぞ』という声に迎えられ、Aは
かまくらの中に入ってみた。暖かな食べ物をあてがわれ、ようやく
一息つけた。
 かまくらの男は『あっと、炭がきれそうだ。ちょっと失礼』
そう言ってAの前を横切って外に出た。次の瞬間、『ハーーッ..
ハーーッ』っと荒く息をついた。『やった、やった。出れた』
事情がわからずぽかんとするAに向かって男は言った。
 『私はこの中で80年過ごしたのです。どうやら代わりの人がいないと
外には出れないらしい。前回はもう20年以上前だった。あの時に
失敗してから、どれほど機会を待っていたか』信じられない思いで、
Aが表に出ようとすると、透明な壁に阻まれて叶わなかった。
 『悪く思わないで下さい。あなたも身代わりを見つけて下さい。
それでは』それだけ言うと、まだ呆然としているAを残して男は
足早に去って行った。 

…ほんのり、というかかなり怖かったんだけど、自分としては!

[ 2010/03/11 ] 【Short】 山. | | コメント(0)

死人に口無し(0)

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 03:11
私の実家は日本有数の豪雪地帯です。
冬は農閑期なのですが昔から男衆は出稼ぎには
行きませんでした。臨時収入があるからです。
その村の裏手は冬山登山のメッカで男衆は
案内役を買って出ます。ガイド料としての
収入もあるのですが実は更なる収入源があるのです。
ガイドはわざと難所に誘導し、連絡を事前に受けていた
別の男衆達が、なんと人工なだれを起こすのです。
そして警察に連絡、山狩りが召集され、ガイド料の
何倍の捜査協力手当てが舞い込むカラクリなのです。
全ての冬山登山観光地がそうであるとは言いませんが
登山される方は「死人に口無し」と言う言葉を
忘れないで下さい。

[ 2010/03/11 ] 【Short】 山. | | コメント(0)

谷川岳の救難無線(0)

119 :turumi ◆zVfPN.zVC. :03/01/13 22:47
大学のワンゲル時代の話1 谷川岳の救難無線

部室で無線機をチェック中にどうしてもそそSOSとしか聞こえない
電波がFMに入るんだけどどお?と部員が聞いてきた、その場に行くと確か
に長点・短点を連続3回クリックする音が聞こえる。「間違い無いな!」
とアンテナを振りその方向は上越国境、信号強度は高い、即座に顧問に連絡
し車をだしてもらう、警察には確信も無いのでとりあえず報告は後にする。
電波の位置を特定する事をFXといい、われわれは車3台で渋川・沼田へ入り
方向を確認。3時間ほどかけてほぼ特定できたのが谷川岳方向だった、天神平
駐車場へ車をいれると平日の夕方ということもあり止まっている車は少なかった。
小型の無線機をポケットにいれて再度方向確認、もうアンテナが無くても信号強度
は強く3方向に分けて移動すると先輩のbさんの無線機が飽和状態でハウリングを
起こした、通常こんなことは無いので一同で驚く、bさんに続いて登山道を入りほん
の20m位でザックを発見した、さらに見回したところ男性の死体を見つけた。
すぐに自分は取って返して警察に連絡した。「こんなこともあるのかと」一同興奮し
ながらも警察がくるのを待った、その時は誰も気がつかなかったがもう無線機は音声
を出していなかった、当然登山者が持っているものと誰もが疑がわなかった。
でもどうして?死体が電波を出すんだ?、警察も当然その事情を聞き無線機を探した
が登山者はもっていなかった、そしてその方は死後2日はたっているといわれた、
こんな駐車場のすぐ近くで誰にも見つからずいたのかと思うとふしぎだった。
さらに捜索すると沢の水の中からそれは出てきた。
もちろん水没して使い物にならない、ではいったい誰が電波を出したのだろうか?
もしやと思い人数を動員して付近を捜索したかが誰もいなかった。

駐車場に残った車もなくなった本人のものと確認され登山カードも他にはなかった
いったいだれが無線機で俺たちをよんだのだろうと同窓会の度に話題になる秋の日
の思いでです。

[ 2010/03/10 ] 【Short】 山. | | コメント(0)

山中の声(0)

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/07 20:29
俺は霊体験も無いが、ただ一つ不思議な話を親父から聞いた。
親父は真面目で嘘をつく様な人間ではない。
毎朝、山仕事で家の近くにある山に行くのが日課になっており、
その日も山で作業をしていた。
人の声が聞こえるから、声のする方に向かったが、声のする方
との距離は縮まらず姿形は全く見えないが、聞こえる声は、
“今日は三人の客が来るから大急ぎで支度をしなきゃならない”
と言っている。一体何事なのかと訝しんでドンドン山奥に入って
いくと、突然声は聞こえなくなり辺りはシーンと静まり返り、
今いる所が何処か全く分からない。

ふと、川の流れる音が聞こえ、その方向に進んでいくと、
小川の向こう岸に蛇・蛙・鼠・鳥など色々な動物の屍骸が、
三つこんもりとした山の形に積まれている光景が現れた。
それを見た親父はどこをどう走ったか、もう無我夢中で駆け、
蒼白の顔をして家に辿り着いた。
それ以来、親父はその光景を見た山に入ろうとはしなかったんだ。

[ 2010/03/10 ] 【Short】 山. | | コメント(0)

救助要請に向かった先輩(0)

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/19 20:06
3年前、先輩二人と山に登ったときの話です。A先輩は山に慣れていましたが、
B先輩と私はまだ初心者でした。最初は順調に登っていったのですが、途中で
雨が降りだしました。やむ気配がないようだったので、一度、中腹の無線小屋に
戻ることにしました。ところが、その下り道で地すべりが起き、しかも私が脚を
傷めてしまい、足止めを余儀なくされたのです。A先輩は一人で無線小屋へ行き、
助けを呼んで来ると言い、慎重に山を下り始めました。
その日はA先輩は戻りませんでした。
夜が明けると救助のヘリが見え、私とB先輩は無事に救助されました。A先輩から
3時間ほど前に救助の要請があったとの話でした。しかし、そのヘリにはA先輩の
姿はありません。自分はそのまま病院に行き、A先輩のことはB先輩に任せること
になったのですが、次の日に見舞いにきたB先輩は私にこう言いました。
「Aの奴、あの地すべりを越えた辺りで死んだんだってよ、野犬かなんかに襲われたって話だよ」
でもA先輩が死んだとされる時間は私たちと別れた直後。
救助を呼ぶ無線は助けられた3時間前のはず・・・
では誰が救助の要請を?私たちが避難していた場所をA先輩以外の誰かが
知ってるはずもない・・・それに無線の主はA先輩の姓名を名乗ったらしい。
私はきっと先輩が助けてくれたのだと信じています。
「必ず救助を呼んでくるから、俺を信じてここを動くなよ!」
別れる前に、先輩はそう約束していったのですから・・・

[ 2010/03/10 ] 【Short】 山. | | コメント(0)

谷川岳(0)

52 :こぴ1:02/12/23 16:34
初日は土合駅から徒歩でマチガ沢出合の幕営地で一泊。
翌日は尾根伝いに谷川の双耳峰、一ノ倉岳も無事に越え、
宿泊予定地の茂倉岳の避難小屋に着いたのは確か昼前でした。
梅雨時には珍しく天気もよく、爽やかな風が時折吹いてきます。
私はこの山が七百人近い人の命を呑み込んだ山と言うことさえ
すっかり忘れていました。
小屋の中は大人四人が寝て荷物を置くと、ほぼ一杯の広さです。
小屋に入る時に二枚の扉の内扉が壊れて、開きにくくなっていました。
しかし、雪の季節でもないし、雨風をしのぐには十分でした。
翌日は下山予定でした。
夜半過ぎに天気が崩れ、私の頭の上にある小さな窓が風に吹かれて
バタバタと音を立てていました。昼の疲れが出たのか、
その音も気にならなくなり、私はすーっと眠りに引き込まれていきました。
私はいつも山に入ると大体一時間置きに目が覚め、このときもそうでした。
何度目かに目を覚ましたのは、起床予定の三時五分前でした。
この日は私が起床係でしたので、ちらちらと時計を眺めては時の経つのを
待っていました。相変わらず窓枠は雨風に叩かれ、大きな音を立てています。
しかし、重い扉はびくともせず、音一つしませんでした。
その時です。突然それまでシーンとしていた室内の静寂を破るように
外の扉が『ドンドンドンドンドン!ドンドンドンドンドン!』と
規則正しく二回叩かれたのです。
それは私が起床の声を掛けるのとほぼ同時でした。

[ 2010/03/10 ] 【Short】 山. | | コメント(0)

駒ケ岳(0)

6 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/06/23(土) 14:24
中央アルプスの駒ケ岳に行った時のはなし。

久しぶりに山行くべ。と思い立ち、速攻で準備をして出発。
麓に着いたのは、もう17時頃。翌早朝から登りはじめることにして
川原にテントを張った。

メシも食い終わり、さて寝るか

・・・と、川上から川原を誰かが下りてくる足音が聞こえる。
その頃はもう20時を回り、あたりは真っ暗。
ライトをつけていても川原を歩くのは容易ではない。
それに基本的に山をやっている人ならわかると思うが、
暗くなってからの行動はまずしないもの。

それなのに、川上の方を見ても明かりひとつ見えず、
足音とたまに混じる石がぶつかる音が、

ざく・ざく・ざく・・・がらっ・ざく・ざく

と近づいてくる。

ちと、恐ろしくなり、自分はテントにもぐりこんだ。
とりあえず、登山ナイフを引っ張り出してまんじりともせず
足音に耳をそばだてた。

足音は近づいてくる。
明らかに人間の歩く音。熊とかそんなもんじゃぁない。

もうテントから10メートルも離れていないところまで来ている。

・・・・がら。

いきなりテントの横で石の音。

[ 2010/03/09 ] 【Short】 山. | | コメント(0)
Powered By 我RSS


freearea
freearea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。