スポンサーサイト(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

救助要請に向かった先輩(0)

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/19 20:06
3年前、先輩二人と山に登ったときの話です。A先輩は山に慣れていましたが、
B先輩と私はまだ初心者でした。最初は順調に登っていったのですが、途中で
雨が降りだしました。やむ気配がないようだったので、一度、中腹の無線小屋に
戻ることにしました。ところが、その下り道で地すべりが起き、しかも私が脚を
傷めてしまい、足止めを余儀なくされたのです。A先輩は一人で無線小屋へ行き、
助けを呼んで来ると言い、慎重に山を下り始めました。
その日はA先輩は戻りませんでした。
夜が明けると救助のヘリが見え、私とB先輩は無事に救助されました。A先輩から
3時間ほど前に救助の要請があったとの話でした。しかし、そのヘリにはA先輩の
姿はありません。自分はそのまま病院に行き、A先輩のことはB先輩に任せること
になったのですが、次の日に見舞いにきたB先輩は私にこう言いました。
「Aの奴、あの地すべりを越えた辺りで死んだんだってよ、野犬かなんかに襲われたって話だよ」
でもA先輩が死んだとされる時間は私たちと別れた直後。
救助を呼ぶ無線は助けられた3時間前のはず・・・
では誰が救助の要請を?私たちが避難していた場所をA先輩以外の誰かが
知ってるはずもない・・・それに無線の主はA先輩の姓名を名乗ったらしい。
私はきっと先輩が助けてくれたのだと信じています。
「必ず救助を呼んでくるから、俺を信じてここを動くなよ!」
別れる前に、先輩はそう約束していったのですから・・・


146 :ゑゐ:03/01/19 20:32
>「Aの奴、あの地すべりを越えた辺りで死んだんだってよ、野犬かなんかに襲われたって話だよ」
今でもこういう事はありえるのだろうか


147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/19 20:35
>>145
ネタケテーイ


148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/20 00:21
まぁいいじゃない


149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/20 00:46
野犬もいるとこじゃいるぞ。


150 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :03/01/20 08:12
飼いきれなくなったシベリアン・ハスキー等の大型犬や、
繁殖後にバブル崩壊で売れそうもなくなった大型犬を
山に捨てたという話はあるからな。
あんな連中が野生化したら狼と変わらん。


151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/20 14:46
野犬も出るところには出る。群れでね。
猿も群れに襲われれば大人の男でも死にはしないが危険だし、
鹿は一般的には無害といわれるが、雄が角をつける繁殖期は危険だ。
猪の牙も凶器だね。

日本の(少なくとも本州の)山には、
大人の男が命を取られるような大型動物はもはやいない
などと言われるが、それは嘘。

危険度から言えば、野犬の群れ>繁殖期の牡鹿>猪>その他、ってところか。
ツキノワグマの方がまだ脅威度は低い。熊は人間の接近を察知すれば避けるからね。

野犬はいまや人を”捕食するために”襲う、日本で唯一の動物と言っていい。
牡鹿は人は喰わないが、テリトリーに異物が侵入すれば積極的に排除しに来る。
気の立った牡鹿の、熊さえも撃退する角に人が対抗するには、鉄砲がなければ無理。

スポンサーサイト
[ 2010/03/10 ] 【Short】 山. | | コメント(0)
コメントの投稿
※サーバーの混雑等により、コメントの反映に遅延が生じる場合があります。



Powered By 我RSS


freearea
freearea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。