スポンサーサイト(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

身代わり(0)

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 23:37
もしガイシュツだったら勘弁だぞ。
 ある男(仮にAとする)が人気のない山の中をさ迷い歩いていた。
ちょっとしたはずみで道に迷い、もう半日。季節は冬、かなりあせって
いた。木立の中をふと気付くと何と…かまくらのようなものが見える。
『こんなひと気のない山奥でかまくらとは…』Aは不思議に思ったが、
疲れ果ててもいたし、恐る恐る近寄った。そばに来て覗き込むと、
半纏のようなものを着込み、男が一人、中に座っている。何やら昔の
書生めいた風情だ。こちらに気付くと中の男はにこりと笑ってきた。
『やあ、ちょっと寄って行きませんか』Aが何も言わずにいると、
『ちょっとした宴会気分ですよ。ほら』と湯気の立つ日本酒や、
なかなかうまそうな料理を指し示した。とにかく不思議だったが、
それを見たらもうダメだった。『いいんですか』
 そう聞くと『ええ。どうぞどうぞ』という声に迎えられ、Aは
かまくらの中に入ってみた。暖かな食べ物をあてがわれ、ようやく
一息つけた。
 かまくらの男は『あっと、炭がきれそうだ。ちょっと失礼』
そう言ってAの前を横切って外に出た。次の瞬間、『ハーーッ..
ハーーッ』っと荒く息をついた。『やった、やった。出れた』
事情がわからずぽかんとするAに向かって男は言った。
 『私はこの中で80年過ごしたのです。どうやら代わりの人がいないと
外には出れないらしい。前回はもう20年以上前だった。あの時に
失敗してから、どれほど機会を待っていたか』信じられない思いで、
Aが表に出ようとすると、透明な壁に阻まれて叶わなかった。
 『悪く思わないで下さい。あなたも身代わりを見つけて下さい。
それでは』それだけ言うと、まだ呆然としているAを残して男は
足早に去って行った。 

…ほんのり、というかかなり怖かったんだけど、自分としては!


81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 23:42
面白い話だね
世にも奇妙な物語みたい


82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 23:43
ちゃんと説明していくとは書生は律儀だな。


83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 23:49
>>80
このパターンって元ネタなんなんだろう。
俺は洋物系の神話で聞いたような記憶がある。


84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 23:53
元ネタではないだろうが昔うる星やつらで見た気がする。
幼心に恐怖心を植え付けられた。


90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 01:26
>>84そうそう、うる星やつらであった。でももともとこういう話ってあるんだよね、確か。そんでどうするかっていうと、身代わりに地蔵を入れると出られる。だから今は閉じ込められている人はいないらしい。


88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 00:55
>80
80年いてまだ書生姿ってことは
そのかまくらの中にいれば年とんないってことだよね。
酒も旨いものもあるんだよね。
大人になんかなりたくねーよみたいな酒好きの若造が
2、3人で入れば天国だね。


89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/19 01:25
>>88
女もいれば完璧だな

スポンサーサイト
[ 2010/03/11 ] 【Short】 山. | | コメント(0)
コメントの投稿
※サーバーの混雑等により、コメントの反映に遅延が生じる場合があります。



Powered By 我RSS


freearea
freearea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。