スポンサーサイト(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

親にされた恐い事 3/3(0)

581 名前: 私事 1 投稿日: 2001/07/20(金) 13:03
唐突ですが、私の父親の話を・・・。
シチュエーションとしては、私が読書してたり、
勉強してたりする時が多かったのですが、大体こう言う時に、
父親が突然、「まだ治らないのか、この野郎!」と怒鳴って、
殴られ蹴られ、灰皿投げ付けられ、
ある時は、テーブルに額を何度も叩きつけられたりしました。
流血したこともあります。

何か悪い事をしたという自覚がある時ならいいのですが、
私の場合、読書や勉強している時に突然・・・なので、
訳が分かりませんでしたし、本当にいつそうされるか分からないし、
すごく怖かったです。

ですが、なぜか、我がままで、自分の思い通りにならないと
すぐにヒスを起こす妹に対しては、父は手を上げないどころか、
声を荒げた事すらなかったんです。

父に差別されてる?とも思いましたが、そう思うとツラさが増すので、
「父が私だけにこうするのは、きっと私が気づかない内に
何か悪いことをしたからで、これは愛のムチ。しつけなんだ」
と、自分なりに、都合の良いように解釈し、思い込むようにして、
父を肯定し、自分の心のバランスを保つようにしていました。

だから、周囲の大人や学校の友達、先生にも、絶対に口外しませんでしたし、
例え、顔にアザや怪我ができてしまっても、ウソをついて父を庇いました。
それは、言ったら父に仕返しされる、とかではなく、
本心から、父を守りたいと思ってのことでした。



582 名前: 私事 2 投稿日: 2001/07/20(金) 13:03

そして、22才の時、私は結婚して独立しました。

両親から離れてから分かることもあり、
改めて、色々な意味で両親に対する感謝の気持ちを持ちました。

そして月日は流れ、今から1年ほど前、両親がケンカした直後、
母が私に話してくれたことがありました。

それは、
母親が私を身篭ったことで結婚、つまり出来ちゃった結婚だった事、
そして、父が、身重の母に対して毎日のように、
「お腹の子(私)は 俺(私の父)の子じゃないんだろう!」
とイヤミを言い続けていた事、
そして私が生まれてからすぐに、私と母に対し暴力を奮い始めた事・・・。

・・・どれも初めて聞いた話でした。
ショックはすごく大きかったです。

つまり、愛のムチや躾の一環だと思っていたことが、
実は、私への憎悪からの感情的な暴力だったと・・・。

それを聞いて以来、母親のことも嫌いになりましたし、
突然、今まで父親に暴力を奮われている時の場面を思い出してしまうようになり、
イイ年した大人の私が、誰もいない時等には声を上げて泣いてしまいます。
人がいても泣けてしまう時があり、本当に困っています。
コントロールが利かないのです。

ですが、ここを読んで、他にもツライ経験をされている人たちがいると知って
ちょっとだけ救われたような気がします。


584 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/07/20(金) 13:15
>>581>>582

泣けるのは良い事だ。(起こった事は良か無いが)
涙も出ないって状態ではないからね。

しっかり泣いて旦那さんにも慰めてもらって
心を浄化してください。
これからは、お幸せに


588 名前: 581+582 投稿日: 2001/07/20(金) 14:04
>>584
ありがとうございます。
泣けるようになったのは良いことなんですね。
ただ・・・夫には、父親の暴力の件は話していないんです。
父親が亡くなったら話せるかもしれませんが・・・。


591 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/20(金) 14:20
無抵抗な子供イヂメてる親ってのは
実は知らず知らずの内ににストレス溜めてんだよな
スッキリする訳ゃないんだよ、んなことしてもな
酒と同じ
酔いが覚めりゃ虚しさが残る
根本的なストレス原因を排除しない限り無限地獄状態


594 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/20(金) 14:24
>>591
ストレス発散に!って飲むと悪酔いするよね!?
って、そんな話ししてないか。
スマソ


604 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/20(金) 15:08
親からの体罰を非難しているやつが多いが、自分が親になったら必ず体罰を与えるぜ。
自分と同じような性格をもったガキが自分のいうことを徹底的に聞かなかったら
どうする。その子が人として最低限必要な人格を形成するためには「尻をたたく」「げんこつ」程度は絶対に必要だろ。


612 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/20(金) 16:19
>>604
親子神話、母性神話に疑問を持っている人間が
親になる確率は低いんで
心配しなくても、君は自分の心配だけしていれ。


616 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/20(金) 16:34
>>612
主婦板なんかに行ったりとか、女同士の話なんかには良くあるけど
子供嫌いなのに、または欲しくないのに、親戚や周りのプレッシャーに負けていやいや生む人は少なくない。

お宅は未だ?とか、産めば産んだで二人目は?とか、言われて子作りしたと言う人
案外いるんだよね。そしてお決まりの虐待街道まっしぐら。あんたさえいなければなんて言っちゃう。

親も子も地獄だ


648 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/21(土) 02:31
小ネタで申し訳ないけど私がリアル厨房の時家族で一人だけ
生命保険に二つ入ってると知った時は身の危険を感じたよ。
母はやりかねない感じだしね。


671 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/21(土) 07:08
私が8才の頃の出来事。
父は女癖が悪く、愛人がいた。いわゆる買春ツアーにも行ったらしい。
(まぁこの辺は納得できないが男の生理として目をつぶってもいい)
ある日、たまたま母と姉が外出していた。父が愛人を連れてきた。
彼女は家を掃除し、洗濯をし、料理を作って私に食べさせ、そして最後に
「一緒にお風呂に入ろう」と言った。
父を見たら、拒否したら殴るぞ、という目をしていた。
殴られる事がしょっちゅうで、父は恐怖の対象だったからその女性と風呂に入った。
綺麗な人で色々離しかけられたが、私はずっとうつむいていた。

別の日、父は私を連れてその女性の店へ行った。彼女はスナックを経営していた。
父と彼女は奥へ入り、コトを始めた。私は薄暗い店内で終わるまで待たされていた。

それからしばらくして、父と母それぞれに「もし離婚したらどっちについてくる?」
と事ある毎に聞かれた。最後には姉と泣きながら「養育費だけ半分ずつ負担して。
二人で暮らす」そう言いたくなるほどプレッシャーだった。
父は母と別れて彼女と再婚したかったらしい。彼女と別れてからも、また女作ってた。
(つづく)


672 名前: 671 投稿日: 2001/07/21(土) 07:09
父と風呂に入るのが恐怖だった。胸をなでさすりながら、「おっぱい大きくなっても
お父さんとお風呂入ってな。お姉ちゃんは入ってくれなくなったから」
毎回洗い場でおしっこをする所を見せろと強要させられた。「中でしちゃったらいけない
からな」「お風呂の前にトイレ入ったもん」半泣きで訴えても駄目だった。
一度だけ大きいほうを強要された。怖かった怖かった。
それから逃げまくった。何とか口実をつけて父を避けまくった。風呂に入っている時、
いつ父が入ってくるかビクビクしていた。(古い家だったのでカギなどなかった)

母は享楽的な人で、身を飾る事と、旅行する事が大好きだった。
空っぽの冷蔵庫、1円も置いていかずに泊まりに出かける事なんかしょっちゅう。
こんな事でやりくりと料理上手になりたくなかった。
「お姉ちゃんはね、橋の上で拾ったの。捨てた人はきっと誰かに見つけて欲しかった
んだね。お前はね、橋の下で拾ったの。捨てた人はきっと誰にも見つけられずに
死んで欲しかったんだね」
「お姉ちゃんは変わってるけど人に理解される変人だからいいけど、お前は誰にも
理解されない変人だから、気をつけなさい」
「お前は誰にも愛されないよ。小さい頃は可愛かったけど、今はどうしようもない
からね」
「お前が死んでてK一郎お兄ちゃんが生まれてたら良かったのに。なんであんたが
生まれたの」
(K一郎お兄ちゃんとは母が妊娠直後に流産した水子に付けた名前。性別なんて
分かってなかったはずだったのに、長男だと決めつけていた)
(つづく)


674 名前: 671 投稿日: 2001/07/21(土) 07:10
大学受験を目指していた頃、(ちょっと自慢になるけど)自分の学校からは誰も
行った事がない某有名美大を志望していた。アトリエの先生からも太鼓判を押されて
いて、自分でも描くのが楽しかったし、いけそうな気がした。
3年生の10月。母が私にこう言った。
「あんた就職して。家建てるからあんたに出す金はないの」
1ヶ月間口論した。家にいる間中罵声が飛び交っていた。「なんで今、家建てるの?」
「○○さん(母の友人)が家建てるから悔しくて」
これで脱力した私は、就職して自分でお金を貯め、それから大学へ行こうと進路変更
した。先生方に迷惑をかけ、時期外れの就職活動に走り回った。
「信用金庫か。地元だししょぼいね」と母は言った。「あ、生活費もらうから」
就職とともに今までの疲れがドッと出てノイローゼになり3ヶ月で退社。
「あんたゴミだね」と言われつつ、「これは家族関係が問題に違いない」と考えて
図書館へ行って心理学関係の本を読みまくった。
工場のラインでバイトしながら、生活費と国民年金を納めた。「働いてないんだから」と
家事は私の分担だった。(母はしょっちゅうホームパーティを開いて楽しんでた)


675 名前: 671 投稿日: 2001/07/21(土) 07:11
ごめんなさいこれでラストです。
「とにかく家族と離れなきゃ私はこのままダメになる」
美大はあきらめ、手に職をつける事にして専門学校へ通う事にした。体が弱いので
バイトの両立は無理と考えて恥を忍んで母から借金した。遊びもせず、ひたすら勉強した。
取れるかぎりの資格を取った。合間に秘書検定とか、学校の授業に関係ない資格も手を出した。
そして就職。残業が嬉しかった。家族と顔を合わせる事が少なくてすんだから。
バリバリ働いて、周りにも「頑張ってるね」と言ってもらえた。どうして会社の人達は
あんなに優しいんだろう、と思った。
贅沢は一切せずにお金を貯め、専門学校費とプラスそれまでの生活費と言ってかなり
まとまった額のお金を渡し、家を出た。

暴力と罵りに怯える事のない生活って素晴らしい。今は猫(拾った)とまったりと
暮らしています。でも、時々フラッシュバックするので精神科に通っています。
早く心も自由になりたい。

周りの人は誰も知らない。父は聖職者で、母は友達がすごく多い。
家に出入りする人にいたずらされた事もある。怖くて誰にも言えなかった。

長々とごめんなさい。吐き出させてくれてありがとう。子供のいらっしゃる方、
お子さんを愛してあげてね。心は絶対に伝わるから。
(私は父の暴力で視力と聴力と片足に障害が残っています)


676 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/21(土) 07:28
>>671
辛かったね...でもよく頑張ったね。
これから本当の幸せを築き上げて欲しい..



684 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/21(土) 09:17
死んだインコを顔に投げ付けられた。

冷たくて柔らかくて、怖かった。
ただのトリ肉のはずなんだが‥‥。


686 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/21(土) 09:38
>>684
それって子供に酷いことなのは当然として、
インコに対しても凄く酷いことしてないか……?


727 名前: あつい! 投稿日: 2001/07/22(日) 00:06
私は肉体的暴力は少しだけ、言葉の暴力は18歳で家を出るまで続きました。
毎日毎日怒鳴られて、でも私と母は、父が家にいる時は家にいなきゃ機嫌が悪くて
怖くて外へも出られませんでした。母は
「あんたはうちにいるのが好きなんだよね、お母さんもだよ。」
と繰り返し言ってました。母もつらかったんだろうなー。
私は家を出られたからいいけど母は今
精神的におかしくなっています。
 私も父から離れてから鬱がひどくなり
男の人に怒鳴られたりすると体が震えてしまいます。
なるべく優しそうな人と付き合ったりするんだけど
優しいからっていい人ってわけでもないんだよね、あーやだ。


740 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/22(日) 01:30
ふー・・・
重い空気を吹き飛ばすような話ない?


747 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/22(日) 13:33
小さい頃、母と兄と弟(私)で、とある大きな病院に来た
兄がどこか悪いらしい
母は言う「お兄ちゃんはね、病気だから先生に見てもらうの」
兄に聞くと「なんかちんちんが悪いらしい」と言う
兄は車輪つきの担架に乗せられて手術室に入って行く
しばらくすると兄の叫び声が・・・
「ぎゃ~~いや~!助けて~!!」みたいな絶叫だった
私は震え上がった
(兄のちんちんはどうなったのだろう・・・ちんちんに何をされているのだろう)
母は言う「皮を切ってるの 早く直した方がいいのよ」
(か、皮!?切るってちんちんの皮を切るのか!?)
私は子供心に恐怖した
兄の叫び声が聞こえるたびに自分のちんちんが刻まれていくような気がした
次は自分の番が来るのではないかと思った
母や周りの看護婦などが悪魔に見えた
しかし
母は言う「あなたはむけるから大丈夫よ」
助かった 私は兄に悪いと思いながらも神に感謝をささげた
そして十数年が過ぎた
兄は立派なズルむけに育った
私は立派な火星人に育った
どちらが幸せなのかは私にはわからない
ただこれだけは言える
看護婦はちんちんの切った皮を「イカリング」と呼ぶということを・・・
        
           ー完ー


751 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/22(日) 13:54
>>747
尿を出すのもやっとくらいの真性だったんじゃないの?


752 名前: 747 投稿日: 2001/07/22(日) 13:56
さあ(笑)
むこうとすると痛いって言ってたのは覚えてます


753 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/22(日) 14:00
>>752泣き叫びながら手術台で運ばれて逝った兄上に乾杯!☆


767 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/22(日) 21:18
小学2年位の頃母に髪を結ってもらっていた。
母は元々ストロングな人なので髪の毛を引っ張る力が尋常じゃない。
強く引っ張られた瞬間思わず「痛い」と言うと母は
「それ位何なの!お母さんが小さい頃は、あんたみたいな事言ったら
おばあちゃんに髪の毛持って引きずりまわされたんだから!!!」
と怒鳴ってきた。
その後も母と姉が喧嘩してたら柱に縛り付けられて叩かれたとか、真冬に外に
ほっぽり出されたとか凄い剣幕で語りだした。
最後には「アンタもやったろか!?」
わたしゃもう怖くて怖くて、何も言わず震えてるしかなかったですよ。

皆さんみたいに直接なんかされたって訳じゃないんですけど
「お前も味わってみるか」オーラがムンムンに出ててその当時、死ぬほど怖かったんですよ。


768 名前: o-r 投稿日: 2001/07/22(日) 22:21
>>767
やなオーラだ。


775 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/23(月) 12:09
父親にしかられるたびに、
一升瓶が飛んでくる→灰皿が飛んでくる→(私)逃げ出す
→包丁もって追いかけられる→(私)部屋に逃げ込み金属バットを持ち構える
→バトル→パイプベッドが父親にひっくり返される→そのすきに逃げる
→包丁を持って追いかけられる→…お互い疲れる。終了。
小学生の頃の思い出です。


777 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/23(月) 13:50
>>775
鬼ごっこ?
シャレになってないけど


778 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/23(月) 13:52
>>775
その父親は、しかっているのではなく
怒って(キレて)いるだけだと思われ


805 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 20:43
子供の頃、オヤジに殴られたり蹴られたりしょっちゅうだった。
宿題のプリントを学校に忘れたときには
何度も何度も膝を蹴られた。そう目立つわけじゃないと思うけど今でも
後遺症が残ってて、気がつく人は
「怪我したの?どっちか足おかしい?」って聞く。

大人になってから
「わけわからんことでよく殴ってくれたな」って言ったら
「殴ったことなんかない」って言われた。
母にその話をしたら母も私が殴られたり
蹴られたりしていたことを覚えていなかった。
私は目の前で暴力を振るわれていたのに。
心底ショックだった。

ちなみに私、女です。


806 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 20:48
>>805
そんな親とは縁切っちゃえ。


807 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 20:50
切っちゃえ切っちゃえ


808 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 20:54
ちょっきん!


809 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 21:14
>>807->>808 完全に茶化してるだろー(藁
こう、もっとさあ、「えっつ、そんなことが現実にあるなんて!」って
リアクションが欲しいわけ、体験談を語りたい元被虐待児としては。
そーゆう普通の育ちした人たちのリアクションを見て、「ああ、自分は
やっぱり異常な育ち方したんだなあ」ってちょっと安心する。<自分。

↓あと頼んだよ。


810 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 21:19
えっつ、そんなことが現実にあるなんて!


811 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 21:26
えっつ、そんなことが現実にあるなんて!2
後は頼んだっ!


812 名前: 805 投稿日: 2001/07/24(火) 21:46
>>806さん以外は、冷やかしだったんですか。
無条件に味方してくれる人が3人いたと思って、
ちょっと救われた気がしたのにな(私ってバカ?)。

今でも、小さかった頃の自分を思い出すたび
悔しかったり悲しかったりを繰り返す記憶ですけど、
>>809みてちょっと笑っちゃいました。
自分の中でもう昇華できつつあるんだなって思いました。
そう思ったらまた少し涙が出ました。

よくわかんないけど、みんなありがと(笑。


816 名前: あなたの後ろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 22:48
うちの母親は、隣近所が自分を見張っているという妄想に憑かれて、早十数年。
雨戸は昼間でも閉めっぱなしで、小学校の頃から「隣が窓を開けてうちをこっそ
り覗いてる。」から始まって、車で出かけると、傍を走っている車は全部、ご近
所さんの手先だと言い出す始末。
何でか自分の口に出した事は全部、お隣さんが知っていると、彼女の頭の中で脳
内変換されてるようで、
「うちの中には盗聴器があるはずだ」と言って、盗聴器探しをする業者に頼んだ
り。勿論そんなものは発見されませんでした(藁
毎日食事の時に、出る話題はそのことばかりで、中学の時には「いつか隣は私を
殺しに来るんじゃないか」って所までエスカレートしてました。
他には、飛行機が飛んでる音が聞こえると「あれは隣が嫌がらせのために音を出
してる」とかまで・・・ネタにしか聞こえないのですが、目が真っ赤です。
そんなことがあるわけが無いと、いくら説明しても逆に「どうして親の言う事が
信じられないの」と来るし。
今はそんなことないけど、当時は私も弟も、大分それを信じていて「お母さん辛
いなら、私たちが殺してくるよ」とか言ってまして。
延々とそういう事話されるのもかなり精神的に辛かったのですが、彼女は、自分
がそういうことをされていると思っているのの腹いせか、私や弟を見張って来る
んですわ。他の部屋にいても一時間ごとに、覗きに来て勉強していないと、「私
はこんなに辛いのに!」とか言って逆ギレ・・・包丁持ち出して脅してました。


818 名前: 816 投稿日: 2001/07/24(火) 22:53
長文すみません。
しかもいざ書き込んだら「親にされた怖いこと」ってよりは「電波
な怖い~」って方にふさわしい話でしたか、これは。
しかし今も同居中です・・・早く就職して、一旦距離を置きたいよ
う。


817 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 22:51
とても気の毒だけど、
お母さん、電波系のモデルケースになれそうな
くらいの電波っぷりですね・・・。
お父さんはいらっしゃらないのですか?


819 名前: 816 投稿日: 2001/07/24(火) 22:57
>>817
あ、ちょっと書き込むのが遅かった(鬱
父はいるのですが、元々忙しいのと、母がこんなのとで
一ヶ月に2日くらいしか家に帰って来ないんです。あげ
くに、母がこのことを話し出すと自分の部屋に、入って
パソ触ってます・・・


820 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 23:14
>>819
気の毒すぎてなんて言っていいかわからない・・・。
ご家庭のことだから、他人がごちゃごちゃ
口出すことじゃないとは思うけれど
お父さん、ズルいです。
(ごめんね)


821 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/24(火) 23:25
>>819
いやまじで、お母さんは一度病院に連れていってあげてください。たぶん薬
で改善するよ。


822 名前: 816 投稿日: 2001/07/24(火) 23:56
>>820
>>821
ありがとう。確かに父は、母が電波(藁 なせいもあって、より所になる
唯一の人だったので、立派だと思っていたかったもので、そう言われると
ちょっと辛いんだけど、その通りです。私もまだ厨房ですね・・・。

母は2回ほど、父に頼んで病院に連れて行ってもらったりしたんですが、
本人に「自分が電波」という自覚が無くて、通院してくれないんです。
しかも、自分の言ってる事が、周りにはおかしく聞こえるって事は分かっ
てて、「病院では全部は言わなかったよ。だっておかしいと思われるし。」
と・・・・どうしてわざわざ、連れてったと思ってるんだ母。
そこの病院の方針なのか、先生に見る目がなかったのか、薬はいただけませ
んでした・・・。


824 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/25(水) 00:07
親じゃないんだけどね。ウチの姉もDQNだよ。
高校卒業して就職したんだが、人にヘコヘコ頭を下げるのや
お昼ご飯がちゃんとした時間にに食べられないというアホーな
理由で就職して3ヶ月後にいきなり無断欠勤でブッチ。
そのまま辞めた。
だが、親は長女かわいいかわいいで何も言わず。
その後その電波で思い込みが激しくすぐに切れる
馬鹿姉にいろんなことをされたり言われたりしたが
余りにも多すぎて麻痺した。
例えば、俺が先に新聞読むだけで切れて怒りだす。
なので新聞先に譲って、後から読もうと思っていると、
「あんた、何々は読んだ?ええ!?まだ読んでないの?
馬鹿じゃない?」という感じ。これが毎日毎日毎日毎日
何年間も続く。
俺が興味ある事件があったので床に新聞置いて読んでると、
無言でやってきた姉がドスドスと音を立てながら俺が
読んでいる新聞の上をわざわざ踏みつけて通り過ぎていく
という有様。新聞一つをとってみてもこんな感じ。
今は俺、家を出たんでどうなってるのか知らんが、
よく、近所の人が家を覗いて悪口を言っている、近所の人が
留守の間に庭に入って庭を荒らしてる。等と、猫のウンコが
落ちていただけで大騒ぎしていた。
俺は今もう家を出ちゃったのでどうなってるか知らんが。
あの姉がいなければ家はもっとまともな家だったと思う。
他にも山のようにくだらない事があるんだが、思い出したら
ここで吐き出してもいいかな、つまんなくてすまん。


841 名前: ららお 投稿日: 2001/07/25(水) 21:19
私が幼稚園かそれよりもっと小さい時に母親にローソクをおしりの穴に入れられました。
なんかローソクのさきっぽを鉛筆のように尖らせてその先には茶色い液体がべったりと
付いていたのを覚えています。多分卵油?みたいな物だと思います。
毎週一回はぶすぶすと刺されておりました。
あまりに痛っかったのですが母親の暴力が恐くて
泣叫びながら我慢をしていました。
家ではその行為を(がっちゃきを刺す)と言っていました。
「体にいいんだからっ!!!」
とかなんとかいってぶすりです。

現在21歳ですがかなりの痔で困っています。やはりがっちゃきが原因ではないかと
睨んでおります。

ちなみに家の母は○光教です…。


847 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/25(水) 22:10
>>841母ちゃんはアナルオナニーの常習犯だと思われ。


856 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/26(木) 09:13
>>855ロウソクの先を鉛筆のように削ってって所が怖いよね(ワラ


858 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/26(木) 10:27
>>841気持ち良かった?


871 名前: ららお 投稿日: 2001/07/27(金) 03:06
>>858
全然気持ち良くはなかったです。
ほんとにほんとに死ぬかと思うくらい痛かったですよ。
私が嫌がるもんですから母は押さえ付けて来るわけですよ。
押さえ付けられると私がもがきますでしょ。
そうするととんがったローソクの先が肛門じゃないところに刺さるわけですよ。
ちょうどおしりの穴と膣の入り口の間あたりに。
でも母は必死なのでそれに気付かないでぐいぐいとやるわけです。

危なく初体験がローソクに奪われるところでしたよ。


859 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/26(木) 12:20
>>856
座薬だって、もうちょっと丸っこいもんね<先っちょ


861 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/26(木) 12:43
がっちゃきについて。

漏れの母親は秋田出身なんですが、
家では 風邪を引くと、ティッシュにメンタム(メンソレータム)を付たものを、
肛門に挿入されました。これがまた驚くほど効くんですな。
寝て起きると、次の日にはケロリ。お腹の辺りがじんじん熱くなって、
食欲がみるみるうちに出てくるんです。
母の田舎に行ったとき、がっちゃきの話をしたら、秋田の人から
それは がっちゃけ だよ、と言われました。

>>841
健康にいいかは分かりませんが 風邪は治るみたいですよ。


877 名前: 親にしたこわいこと 投稿日: 2001/07/27(金) 17:58
幼少時、親に殴られるたびに、
「こ~ろ~さ~れ~る~~!!」と大声で叫んでた。
幼いながらに、近所に聞こえると親もやばいと思うって
わかってたらしい。
今だったら、これできんね。
ソーシャルワーカーOR警察が飛んできそう。


883 名前: 死ぬ洒落からのコピペ 投稿日: 2001/07/27(金) 21:53
他板でみつけた
ある医者のHP掲示板でのやりとり。
オカルトではないが(サイコか?)
文字通り死ぬほど洒落になってなかった。
出だしがこれ。

お名前: 悩む母親
3才の息子のオチンチンを切り取って女の子にしたいのですが、良い方法を教えて下さい。
[2000年12月27日 5時59分32秒]

でもってレス。

お名前: 恭子
まさに世紀末といった相談ですね。
どうして、そんなに女の子に変えたいんですか。
理由を教えてくれたら、安全で簡単で確実な方法を教えますよ。
[2000年12月29日 21時7分43秒]


884 名前: 883 投稿日: 2001/07/27(金) 21:53
お名前: 悩む母親
恭子さんへ。
息子はもう女の子として育てています。夫の浮気が原因で離婚しました。
あんなふうな男になるのは許せない。ちょうど女の子のような名前なので
離婚して2人で住むようになってからは、女の子の服を着せて
女の子として育てています。早くオチンチンを切り取ってあげないと困るのです。
安全で確実な方法を教えてください。すぐ実行します。
[2001年1月3日 7時46分24秒]

お名前: 恭子
悩める母親さんへ。
お気持ち、よくわかりました。
男の子を女の子に変える安全で簡単で確実な方法を教えます。
オチンチンを切り取るのではありません。
タマタマを潰すのです。
オチンチンはお医者にあとで切り取ってもらいます。
お母さんの手で潰せますか?
潰せるのなら、場面設定とやり方を教えます。
[2001年1月6日 19時56分39秒]


885 名前: 883 投稿日: 2001/07/27(金) 21:54
恭子さん、メッセージを待ってました。
私の手で息子のタマタマを潰せばいいんですね。できますよ。
カンタンです。ウズラの卵のゆで卵で何度も練習したことあります。
場面設定とやり方を教えて下さい。

この後、自分の息子も性転換させたいという「あき」が登場する。一方でこの頃起こっていた新生児連れ去り事件を憂いている。

お名前: 恭子
(略)
さて、タマタマ潰しの場面設定とやり方を説明します。
まずはいつものように夕方頃お風呂に入って下さい。
息子さんにとっては男性として最後になるので、念入りにオチンチンを洗ってあげて下さいね。
いよいよです。息子さんを浴槽のヘリのところに座らせ、左右のタマタマを両手で握って、
浴槽のヘリと手の間で一気に押し潰します。思い切り体重をかけるようにすれば必ず潰れます。
ツルンと逃げてしまいやすいので、引きちぎる方向へ引きちぎるつもりで力を入れましょう。
一気に2個とも潰さないと1個ずつだと可哀想ですよ。
かなり痛いらしいので(女にはわかんないけど)、息子さんは倒れ込むように苦しみます。
息子さんの頭をぶつけないように、タマタマを潰したらすぐに抱きかかえてあげて下さい。
すぐに体の水分を拭いてパジャマなどを掛け、自分も服を着込んで119番します。
救急隊の人には、浴槽のヘリに乗って遊んでいて足が滑り股間を激打したことにするのです。
事故ということにしないと、あとあと面倒なので、この方法がベストです。
悩む母親さん、あきさん、できますか。
できるのなら、病院に着いてからの対応を、また書きます。
[2001年1月10日 23時31分51秒]

その後、ちょっとした煽りが入る。男性から、もう一度考え直して欲しいというレスも入るが、「悩む母親」の決心は固い。


886 名前: 883 投稿日: 2001/07/27(金) 21:54
お名前: 恭子
(略)
タマタマが潰れていれば、すぐに摘出手術がおこなわれるでしょう。
潰れが不完全だと摘出してもらえないので、確実に2つとも完全に潰すことが大切ですよ。
医者は、偽のタマタマを陰嚢に入れて、将来子供は作れないが、
思春期に男性ホルモンを投与して男として生きていくことをすすめると思います。
お母さんはすぐに「だったら女の子にしてほしい!!!」と強く訴えてください。
(略)
担当医が女性の場合、強く強く訴えれば、これで8割ぐらいの確率で性転換してもらえます。
担当医が男性だと、抵抗があるのかな、3割ぐらいしか性転換してもらえる可能性はありません。
性転換してもらえなかった場合は最後の手段です。
病室で寝ている(寝ているときにしてあげてくださいね)息子さんのオチンチンを、
カッターナイフで切断してください。
オチンチンを引っ張るようにしながら小刻みに早くナイフを動かして、一気に切り取ります。
病院ですから、すぐに処置してもらえるので大丈夫です。
病院側はスキャンダルな事件を嫌うので表沙汰にはならないでしょう。
タマタマを摘出し、オチンチンまで切断され、母親の希望が強いわけですから、
ほぼ100パーセント、息子さんは女の子にしてもらえます。
実行できますか。
[2001年1月18日 23時6分27秒]

お名前: 悩む母親
(略)
病院での対応方法、よくわかりました。いざとなったら、私の手で切り取ってあげる
のですね。担当医が女性だといいな。さっそく今晩、実行しようかしら。
(略)
[2001年1月19日 18時17分22秒]

ここから次々と反対意見が出てくる。しかし、

お名前: 悩む母親
(略)
私と一緒に、息子さんのオチンチン切断を実行しませんか。
私は必ず実行するつもりでいます。


887 名前: 883 投稿日: 2001/07/27(金) 21:55
お名前: もう悩まない母親
(略)
私はこの掲示板で賛否を聞いているわけではありません。良い方法の情報を
求めているのです。
今から、息子とお風呂に入ります。本当にありがとうございました。
[2001年2月10日 19時16分6秒]

お名前: 悩んでいた母親
お久しぶりです。本当にご心配をおかけしてごめんなさい。
運命の決行から1週間たちました。娘(もう息子ではありません)は元気にしています。(略)
本当に皆さん、お世話になりありがとうございました。心配をかけてごめんなさい。
これから娘と苦労をともにして私も幸せになりたいです。

お名前: 悩んでいた母親

もしも将来、娘が自殺するようなことがあったら、私も一緒に死にます。


888 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/27(金) 21:58

どうせ自作じえんだよ、そんなの。マジレスする気にもならん。


889 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/27(金) 22:13
読み終えて、ドキドキしちゃったよ~
タマタマ潰しの場面想像するだけで・・ぞーーーー


890 名前: あなたの後ろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/27(金) 23:31
それは、結局その掲示板に書き込んでた人間の、殆どがIP一緒だか
なんだかで、本当に自作自演だったやつだよ。
ただ数ヶ月間、書き込み続けた本人は、逝っちゃったやつだったに違
いないが


891 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/28(土) 01:07
つーか8割、3割ってどっからでてきたんだよ(笑)


892 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/28(土) 01:10
ネタで良かったじゃない。
私は女だけど、突然股間に棒を差し込まれたら嫌だよ。
すごい緊張して読んだから、最後の最後で安心した。


900 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/28(土) 04:29
みんな、タマタマのあたりがむずむずしねえか?
なんかすごく不快な気分だ。


913 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/28(土) 23:06
いや~。親にぶたれたことなどほとんどなく、もちろん自分が親をぶったこともない
平和な家庭に育った俺にとっては、ここに書いてあることの大部分がネタに思える。
つーかほんとにネタじゃないの!?


915 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/29(日) 02:20
>>913
キミ、本当に幸せ者だよ。そのまま将来は平和な家庭で子供を大切に育ててくれ。


スポンサーサイト
コメントの投稿
※サーバーの混雑等により、コメントの反映に遅延が生じる場合があります。



Powered By 我RSS


freearea
freearea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。