スポンサーサイト(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

【防腐】エンバーミングについて【是か非か】(0)

Ezzelin and Meduna

1 :愛と死の名無しさん:2006/10/13(金) 06:45:18
<wikiより抜粋>
遺体の長期保存が必要となる場合や、感染症で死亡した遺体は通常の保存方法や埋葬方法では衛生上の問題が発生しないが、感染の可能性としてはゼロではない。
エンバーミングとは、上記の問題に対処すべく、エンバーマーと呼ばれる葬儀の専門の技術者や医学資格を有した医療従事者によって故人の遺体に対して行われる化学的・外科学的処理のことである。

全文↓
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0

葬儀社によって導入・反対していたり、マンガにもなったりしている遺体防腐処理・エンバーミングについて語るスレです。


3 :愛と死の名無しさん:2006/10/13(金) 08:34:41
抜いた血液は、どう処理するのか?


4 ::2006/10/13(金) 15:57:29
>>3
一応、タンクに貯めておいてから化学処理(?)するみたいなんですけど、
下水に流すという不穏な話もありますね。


えっと、基本的に死に化粧(湯灌)と勘違いされる方も多いと思いますが・・・。
エンバーミングは血や内臓をとったり、薬品を注入して防腐する方法のことです。
言葉だけだと、うへーと思いますが・・・


5 :愛と死の名無しさん:2006/10/13(金) 17:06:25
>>1
日本って火葬が多いし、火葬までの期間が短いから
あんまり利用する人がいなさそうだけど・・・
何でスレ立てようと思ったの?


7 ::2006/10/14(土) 08:30:40
>>5
利用する人、まだ少ないんですかね?
最近CM(葬儀社?)でもやってるし、ジャンプでマンガにもなってるし・・・
身内で近いもの(入院中)がいるので、どういった場合にエンバーミングを
するのかが気になって。

必要ない処置でぼられるのもアレなんで、料金とかも知りたいなと。
どなたか葬儀の際に利用したって方いませんかね?


8 :愛と死の名無しさん:2006/10 /14(土) 16:38:53
>>7
wikiにも書いてあったけど日本で利用するとしたら防腐目的か
事故で傷ができてしまった場合の傷隠しなどで使う人が多いんじゃないかな。
多少の傷なら化粧で隠れるし、損傷が激しい場合は密葬ですませてしまう。
ドライアイスや氷などで低温にしておけば数日なら大丈夫だから
エンバーミングで長期にわたっておいておく必要もあまりない。

今まで身内の葬式が何度かあったけど、エンバーミングまでしたことは一回も無いです。


9 :愛と死の名無しさん:2006/10 /15(日) 01:19:10
>>8
必要性がなくても、儲かるから勧めてる大手葬儀社もあるわな。


10 :愛と死の名無しさん:2006/10 /15(日) 02:05:51
>>9
それは必要かどうかという問いの答えにならないのでは・・・。

いるかいらないかって話なら、余程長期の保存が必要な場合以外は必要なくない?
>>1の身内の場合は病気で入院されてるようだから遺体の損傷にもあてはまりそうにないし
死に化粧する程度で済みそうな気がする。

実際にやってもらったことがある人が来たら違う意見が聞けると思うんだけどね・・・。


11 ::2006/10 /16(月) 13:59:57
>>8
情報ありがとうございます。
エンバーミングの意義自体があやふやで・・・。
あくまで長期保存の方法として、というものなら良いのですが、
葬儀社のCMなどでは当然のような感じだったので・・・。

>>9
結局、そこらへんが心配。
自然死なのにエンバーミングを薦められたら、それは
「儲かるから薦めてるな」と勘ぐれば良いのでしょうか?

>>10
そうなんです。
いらないものなら、なぜ大手が導入しているのか・・・
やっぱ金儲けなんでしょうか。
遺体を置いておけるから効率がよくなるとか?


14 :愛と死の名無しさん:2006/10 /23(月) 23:43:32
>>11
自然死でも、必ずしも安らかなお顔で綺麗なホトケさんばかりとは限らない。
決して安くは無い値段、費用に見合うと思えば依頼すると良い。
ちなみに日本でのエンバ費用は、アメリカの4倍以上しているらしい。

エンバーミングをするには専用の施設と人員が必要。
設備投資をし人件費もかかっている以上、数をこなしたいというのは、企業としては自然な事。


15 :愛と死の名無しさん:2006/10/28(土) 22:13:31
>11
>>9
結局、そこらへんが心配。
自然死なのにエンバーミングを薦められたら、それは
「儲かるから薦めてるな」と勘ぐれば良いのでしょうか?

普通の葬儀なら
ほぼそうだね、自社施設を作ったら
当然営業トークで、勧めるだろ
実例
自宅死亡で、式場待ちで通夜まで4日
病院死亡でないので、遺体が持ちません・・・
ドライアイスの存在は、言ってませんでした。

処置方法として
全血交換ではなく、ある程度抜いて薬液注入で済ます事もある
しかし、いずれにしても、ある程度のメイクはするはず。
メイクだけなら、OP付きでも5万で済む


16 :愛と死の名無しさん:2006/10 /28(土) 22:21:52
>>15
4日ならまだいいよ。
友引をおいたので、1日延びただけで勧められた事があるw


18 :愛と死の名無しさん:2006/10 /31(火) 14:00:50
結局必要じゃないって意見が多そうですね。
やっぱり特別な場合じゃないと、って感じ?


19 :愛と死の名無しさん:2006/10 /31(火) 18:36:38
特別な場合・・・

事故、事件で損傷が多くても
普通に葬儀、お別れをしたい時

輸出する時、でも医療従事者の検疫、防腐証明が無くてもOKなのかな?

いずれも、当たりたくない


20 :愛と死の名無しさん:2006/11 /01(水) 21:48:35
やっぱ真夏で日にちかかる施行のときとか
事故で損傷がある時でしょうね。

そういう時は骨葬で、という人もいるけれど
普通に通夜式してたくさん会葬者が来る時には
やっぱ、少しでもキレイに、臭いもしないように、と思うかも。

エンバーではダメだけど湯棺ならできることもあるし、
遺族がキレイにしたいと思うならどっちかを一応勧めるでしょう。
こんなのもありますけどどうします?くらいの営業トークはしても
あとは遺族の判断だもの。
このくらいならドライで大丈夫、とも断言しきれないし。


21 :愛と死の名無しさん:2006/11/03(金) 17:29:52
エンバは15万はとられるでしょ。。ドライで1週間はいけるでしょ??


22 :愛と死の名無しさん:2006/11 /03(金) 17:36:14
>21
エンバ大体それくらい取られるね
あと、女性だったらメイクも別料金で取られるだろ

ドライだと、繁忙期に火葬まで10日があった


23 :愛と死の名無しさん:2006/11/06(月) 08:52:21
>22 血液も全抜きとか半抜きによって料金も変わるようで。。


24 :愛と死の名無しさん:2006/11/06(月) 23:31:28
>21
先月父を病気で亡くし大手葬儀屋の○○社に頼みました。言われるままにエン
バしたのですが12万でした。翌日通夜、翌々日告別式だったので必要かどう
か判断に迷いましたがたくさん会葬者が来てくれることを考えて臭いなど考慮
して結局頼みました。


25 :愛と死の名無しさん:2006/11 /07(火) 00:00:09
>>24
うーん‥‥
でも、遺族がそれで納得できてるのならいいんでは?
湯棺でも良かった気もしますが、ま、確実なほうってことで。
葬儀では身内の方はいろいろ大変だったでしょう。
お疲れ様でした。


28 :愛と死の名無しさん:2006/11 /07(火) 13:51:57
>>24
お疲れ様でした、大変でしたね。
その12万というのは死に化粧(?)も含まれての値段なのですか?

エンバー代12万+アルファで取られたら、湯棺のほうが安いのでは、
と考えちゃうんですが・・・

29 :愛と死の名無しさん:2006/11/07(火) 19:06:30
湯灌で十分でしょ。

30 :愛と死の名無しさん:2006/11/07(火) 22:37:47
メイクで、十分


27 :愛と死の名無しさん:2006/11/07(火) 07:44:44
血液を抜いてエンバー液を注入する。。しなければならないケースは有ると思うが普通の状態なのにそこまでする必要があるのかどうか。


39 :愛と死の名無しさん:2007/01/03(水) 00:05:35
ウチのおばあちゃん、エンバーミングしたんかなぁ?
亡くなった日に、体のお清め?とかって4時間ぐらいどっかに連れてかれた。
最後だし綺麗にしてあげたい、ってことで。
顔色よくなってたのと、あんぐり開いてた口が閉じてたのはよかった。
いくらかかったんかなー親にきいてみる。


40 :愛と死の名無しさん:2007/01 /03(水) 01:09:29
それは湯灌じゃないの?


41 :愛と死の名無しさん:2007/01 /03(水) 20:05:57
湯灌に4時間かかるかなぁ
あー、でも程度や距離にもよるかな。


43 :愛と死の名無しさん:2007/02/08(木) 17:10:36
エンバーは状態がよければ3時間くらいで終わるので、したんじゃないですか?


47 :愛と死の名無しさん:2007/05/04(金) 13:36:26
湯灌についての本よみました。平凡社新書「死体とご遺体」熊田紺也
湯灌師の世界のことが分かりやすく書かれています。
具体事例を交えて書いてあるので興味深く読みました。
簡易なエンバーミング程度なら湯灌師でもするらしいですね。
1日平均1体~2体、多いと3体くらいのときもあり、料金は5万円くらです。
創業には専門の車両が必要で700万くらいかかるようですね。
最低でも男女でチームを組んでやるみたいです。若い女性の遺体を
扱う場合は女性のほうが、遺族には抵抗がないみたい。
自然死の場合は入浴サービスと変わらないけど。孤独死や事故死、自殺
などの場合は、エンバーミングが必要みたいです。
自然死でも葬儀まで時間がかかる場合など防腐処置やガス抜きをするようです。
自殺で大変なのは、鉄道自殺や飛び降り自殺の場合です。
詳しくは本に書いてあるので譲ります。
ところでエンバーミングってもとはベトナム戦争などの時、遺族のショックを
和らげるための技術として開発されたようですね。
日本国内でも米兵の遺体のエンバーミングを行って、米国に輸送したりした
ようです。また、土葬の米国ならでは事情もあるようです。
日本は火葬なので、お通夜の時に不都合がなければいいので、血液を抜いたり、
内臓を抜いたりは必要がないみたいです。


48 :愛と死の名無しさん:2007/05/06(日) 00:36:04
>>47
ベトナムやなくて南北戦争じゃない?エンバーのはじまり


49 :愛と死の名無しさん:2007/05/09(水) 20:52:28
エンバーミングについてお答えしましょう。
まず、スレットの書き込み内容には大きな勘違いがあるようですね。
参考までに言うと、血液は防腐剤と交換作業として摘出しますが、内臓などの臓器は出しません。
血液の処理の方法は大きく2方法。
医療産業廃棄物として、処理するか、浄化槽(プラント)を通して下水に流すかです。
必要性は、あるかないか?で判断すると微妙です。
スレあるように、日本は短期間葬儀が主流である事から必要ないと言えば必要ありません。
但し、ドライアイスによる腐敗の進捗を遅らせる効果と比較すると、比較にならないくらいの保存状態は間違いなし。

私はどちらの意見も間違ってはいないと思いますが、経験上申し上げると、エンバーした遺体は、非常に綺麗です。
着せ替えなどの処置に加え、化粧及び防腐剤による皮膚の色など、これは見てみればわかると思うよ。


51 :愛と死の名無しさん:2007/05 /09(水) 22:38:59
>>49
やっぱりというか、葬儀が終わるまでの間よりきれいに保存したい
もしくは何かしらの事情で葬儀まで時間がかかる人向きなんだね。

今まで身内の葬式が何回かあったけど
ドライアイスの保存で特に問題なかったから
余程の事情がない限りエンバまではしないだろうなぁ・・・。


52 :愛と死の名無しさん:2007/06/11(月) 19:19:11
今の料金は高すぎだし


56 :愛と死の名無しさん:2007/09/03(月) 22:40:41
普及しないと値段下がらないのかな?


57 :愛と死の名無しさん:2007/09/03(月) 23:04:47
ドライアイス+メイクで十分だから
あと、遺体に少しだけど、キズを付けることになるからね

損傷遺体には、良いかも知れないが、
通常遺体には、いかがなものですかね?


60 :愛と死の名無しさん:2007/09 /13(木) 16:13:02
地方にもよるんだろうけど
家の田舎は通夜して火葬してから本葬に成るんだよ。
だから遠隔地からご遺体を運ぶとか、
家族が海外で直ぐに戻れないとか、そう言う時なら必要かも

20万位と葬儀屋の案内でみた


77 :愛と死の名無しさん:2007/11/26(月) 08:07:40
普通の遺体なら
メイク2回で十分


79 :愛と死の名無しさん:2007/11 /27(火) 14:05:57
交通事故死とかにはエンバーミングの技術があると良いと思うけどな。


80 :愛と死の名無しさん:2007/11/27(火) 23:18:46
日本に来ていて亡くなった外国人の方の遺体送還にもエンバーミング技術役に立ってる。
近いうち、二酸化炭素問題でドライアイスの使用が難しくなるので代わりの手段としても。


81 :愛と死の名無しさん:2007/11/28(水) 05:16:27
>>80
>二酸化炭素問題でドライアイスの使用が難しくなるので

こんな過疎スレじゃ誰も釣れんぞw
薬剤の製造輸送や廃液処理など考えるとエンバは環境に悪い。


85 :愛と死の名無しさん:2007/11 /29(木) 07:25:49
>>80
原料となる炭酸ガスは製油所などのプラントから排出されたもの。
ゴミの再利用みたいなものだ。
従って、二酸化炭素問題でドライアイスが使えなくなる事はない。


86 :愛と死の名無しさん:2007/11/30(金) 04:27:44
現在アメリカでFuneral serviceを専攻中です。
教授にも一応確認してみましたが、
エンバーミングの目的は大きくわけて以下の3つ。

1. 見た目の向上
2. 遺体の長期保存
3. 衛生管理(遺体を清める、という意味が大きい)


やはり特に1と2がエンバーミングを施す最大の理由ではないでしょうか。

見た目の向上という点では、冷凍保存のみでは防げない
腐敗による皮膚の変色や膨張、体内に発生するガスによる
死後出血などをエンバーミングは予防できるということ。
そして遺体の長期保存では、急ぎがちな葬儀の準備や
その際必要になる様々な判断をゆっくりする時間がとれる。
それが故人との満足のいくお別れをする助けになる、
ということからエンバーミングが推奨されています。

長年アメリカでエンバーマーとしての経験をつまれ、
一時はmortuary schoolの学校長もつとめたことのある教授曰く、

エンバーミングは決してしなければならないものではなく、
ご遺族の方が得られる選択肢の一つでしかありません。
ただ、私の経験から申しましてもエンバーミングは現在存在する遺体の保存法
でもっとも優れたものであることは確かです。

とのことです。


87 :愛と死の名無しさん:2007/11/30(金) 11:26:54
でも、日本と米国の死生観は違うからね


97 :愛と死の名無しさん:2008/01/19(土) 09:17:15
参列者に親しい人が多い場合なんかはいいんじゃない?
生前元気だった印象が強い人が病気とかしてやつれて亡くなった時とか、
遺体見た時のショックがでかい。

ちなみにうちのじいちゃん、亡くなった時に結構苦しんだ&やつれが激しかったもんで
エンバしたんだけど、かなり綺麗になって帰ってきたよ。


98 :愛と死の名無しさん:2008/02 /20(水) 14:26:00
うーん。
料金が高いという意見が沢山ありますね・・・。
実際何もかもがお高い葬儀の世界では、15万前後で施術可能なエンバーは正直破格の扱いです。
原価の面から見ても。(勿論米国などではもっと安価なのですが)
高いか安いかはひとそれぞれの価値観によると思いますし、
私達エンバーマーは決して全てのケースにエンバーが必要だとも思っていません。

ただ言える事は、夏だろうが冬だろうが関係無く腐敗と自家融解は想像以上のスピードで確実に起こると言うこと。
又ご遺体の6割以上が何らかの感染症を保有しているというエビデンスも有ります。
エンバーミングの技術は火葬文化の日本では必要ないと言われる方が沢山おられますが、エンバーの目的はなにも防腐のみではありません。
故人様と遺された方により良いお別れをして頂くためのものだと思っています。

エンバーミングを必要とされる方に、必要な技術を。
間違っても押し付けて営業する様なものじゃないと思うし、
御遺族の選択肢の一つとしてあるものだと思って従事しています。


104 :愛と死の名無しさん:2008/05 /03(土) 10:48:42
遠隔地で亡くなった方の遺体、
大きな外傷のある遺体については
エンバーミングの利用が望ましい
と個人的に思う。
(USAでは軍関係者の利用がかなり多いとか。)


105 :愛と死の名無しさん:2008/05/12(月) 14:35:35
熱帯地方で亡くなった高官の遺体を、やむを得ず、
冷凍倉庫で保存した話を読んだ。小説で。


106 :愛と死の名無しさん:2008/06/06(金) 02:01:06
米軍には常設のエンバーミング小隊があるよ。一応、ドイツに駐留している。


110 :愛と死の名無しさん:2008/07 /09(水) 00:50:37
親にエンバーマーになりたいと言ってみたら当然のごとく反対された
「人の死に関することで金を得るなんてオカシイ」
だって

…生きた人間のために働きたくなんかねーよ

スレ汚しすまん


118 :愛と死の名無しさん:2008/09/28(日) 11:23:14
「気持ちが悪い」とか「オカシイ」なんて言う人は、
きっと「見てあげられないご遺体」を
知らないひとたちなんだろうな。

わたしもエンバーマーになりたいんだけどなぁ。
親になんて言うよorz


119 :愛と死の名無しさん:2008/09/28(日) 11:36:09
事故などで酷い損傷を受けたご遺体は、
そのままご葬儀に出すと、
お顔を見てあげられませんよね?
そんなときにエンバーミングなのでは?

エンバーミングを否定していらっしゃる方、
傷だらけで帰ってきたご遺体を見たとしても、
エンバーミングの存在を否定できますか?
また、海外にいる親族を待てなかったなどとなれば、
お別れが出来なかった悔しさは一生残ります。

まぁ金儲けで勧めてくるやつらはシカトでおk。


122 :愛と死の名無しさん:2008/10/09(木) 15:01:48
>>110
私もそうだ、「家族に迷惑がかかる」って怒られた。
なんでも、「葬儀屋」「汚物処理」などに勤める人の関係者は社会から拒絶されるらしい。
それに日本でなるのは相当困難みたいだから(国内2校調べたが定員が少なすぎる
普及されてない職業だけにどのくらいの試験なのかもわからないし・・・



個人的に成りたいと思ってるだけあってエンバーミングには賛成だ。
面積の狭い日本ではアメリカと違って防腐処理は必要ない場合が多いが。
今、高齢化社会でありこれからどんどん人が死ぬ(言い方悪いが)その場合、火葬場が間に合わなくなる可能性が大きくなるそうだ、そんな時にエンバーマー。
変な形だが需要はでてくると思う。

私は私の周りで顔がわからないくらいの負傷でお亡くなりになった方にはまだ遭遇したことありませんが、もっと身近なペットとかで考えてみてください。
愛するペットが交通事故にあい、見るも無残な姿になってしまったら。。。
私の場合それが原因でエンバーミングを調べて志すようになりました。(母には甘いと怒られましたが


131 :愛と死の名無しさん:2008/11 /29(土) 08:58:11
>>122
>「家族に迷惑がかかる」って怒られた。なんでも、「葬儀屋」「汚物処理」などに勤める人の関係者は社会から拒絶される
的確なアドバイスだと思った。
いまの世の中、ハッキリわかる形での拒絶は少なくなってるだろうが、密かな拒絶、差別は残っているだろう。


123 :愛と死の名無しさん:2008/10 /18(土) 00:44:47
エンバーミングに携わる者です。
需要についてですが、実際のところ事故や解剖体は全体数としてはさほど多くはありません。
しかしながら現実には事故などの損傷以外にも闘病生活や病気で変わり果てたお姿で亡くなられる方が大勢いらっしゃいます。
そのような状況で、最期に少しでも手をかけてあげたいというお気持ちで
ご遺族が依頼をされてくるケースも多いように感じます。
もちろん火葬場やお寺さんの都合で仕方なくという方もいらっしゃいますが…。
私としても全ての方にエンバーミングが必要とは思いませんが
もしも自分の身の回りにそのような事が起きた場合の選択肢の一つとして考えていただければと思います。

>>122
確かに情報が少ないうえに理解され難い仕事なので不安に思われるかもしれません。
試験については詳しくは言えませんが、面接と作文が重視されるようです。
医学系の知識よりも、ご遺族の立場にたって行動できるということの方が重要ですね。

ちなみに医療関係や葬祭関係からエンバーマーに転向という方が多いですが
純文系でゼロからのスタートという人ももちろんいます。
かくいう私も以前は全く畑違いの仕事をしておりました。
その分化学や医学系統の科目では苦労しましたが、努力次第で充分やっていけるかと思います。


124 :愛と死の名無しさん:2008/10 /21(火) 18:18:52
>>122
あなたは西日本のほうにお住まいですか?
東よりも西のほうが、そういう考え方が根強いそうです。

エンバーの研修生や、湯潅業者の新人さんを見かけることがあるのですが、
若い女性も多いです。

葬儀が延びて何日も安置する場合、
ドライアイス交換やその他の費用をエンバーの金額が
あまり差がないなどの理由で
エンバーを選ぶ方もいるようです。


126 :愛と死の名無しさん:2008/11 /15(土) 00:38:23
>>123
ありがとうございます。
自分なりにですが頑張ります。


>>122
東北地方在住ですが、家柄というものもあるかもしれません。


125 :愛と死の名無しさん:2008/10 /22(水) 21:49:34
最長、何日間寝かせていた、なんて情報はありますか?
たしか自主規制?で30日間以内に埋葬する事を条件に
エンバーしていると、何かで読んだ気がしますが。


127 :愛と死の名無しさん:2008/11 /15(土) 01:31:43
>>125
確か45日位持たせた例があるよ。
どっかの寺のお坊さんだったと思うけど。


128 :愛と死の名無しさん:2008/11 /15(土) 21:41:39
>>127
レスどうもです。日本では法的に、レーニンとか毛沢東
みたいに永久保存するのは違法なんでしょうかね。


129 :愛と死の名無しさん:2008/11 /27(木) 14:25:48
>128
23区だと、ほとんど区に条例で
遺体の保存に関する条例があるよ
要許可申告になっている


130 :愛と死の名無しさん:2008/11 /28(金) 22:37:10
>>129
そんな条例があったんですか。
たとえ許可が下りたとしても
世間が許さないでしょうね。
お隣さんでは爺さんを保存している...ではね。


114 :愛と死の名無しさん:2008/09 /02(火) 03:06:15
正月とか、火葬場の休みとぶつかって火葬が遅れそうな場合、遺体腐敗防止のために勧めることがあるって聞いた。

日本人のエンバーマーはまだ数が少なくて、うちが頼んだ葬儀社では日本人1:外人3くらいの割合らしい。


145 :愛と死の名無しさん:2009/05/06(水) 01:22:58
兄が死んだ。癌だった。死体は生きてるときとかわらなかった。
遺言でエンバーミングをした。
病院の中でウイルスを吸い込んでるかもしれないから、必ずするようにメールに書かれてた。

スーツを着て髪をセットされて帰ってきた兄は、今から起きて仕事に行くみたいだった。
病院で対面したときはただいなくなった虚無感だったのが、悲しい気持ちが一気に押し寄せた。
葬儀屋が見てたけど、兄にすがりついて泣いた。大声で名前を呼んで母親も父親も号泣した。
言いたいことが山のように溢れて、まだ聞えてるんじゃないかと夢中で声を出した。

特別な病気でもない。傷もない。
最初はエンバーミングなんか無駄じゃないかと思ってた。
でも
やってよかったと思う。
帰ってきた兄を見てそう思った。
俺たち家族にとってはエンバーミングは必要だった。


146 :愛と死の名無しさん:2009/05/20(水) 02:04:29
私の妹も20代で突然死しました。
突然死だったため解剖されたのでエンバーミングをしてもらいました。
恥ずかしがり屋の彼女はとても綺麗になって
最後彼氏にもお別れ出来てました。
本当にやって良かったって思ってます。


167 :愛と死の名無しさん:2009/09/24(木) 10:26:33
やっぱ湯灌とエンバーミングは全然違いますね。
本当に寝てるみたいでした。

質問なんですが、エンバーミングに行く前に口と鼻から赤いジェルのようなゼリーみたいなものが出てきました。
あれって何ですか?
運ぶときに何か入れたのか、変な病気だったんじゃないかと心配です。


169 :愛と死の名無しさん:2009/10 /06(火) 20:11:25
>>167
病院での死後の処置の際、高分子吸収剤が詰められていたのだと思います。
オムツなどに使われているアレです。
それが水分を吸いきれず流れ出てきたのかと。


170 :愛と死の名無しさん:2009/10 /16(金) 19:13:53
>>169
まじで?そんなことして意味あんの?
あれって水分吸ったら膨らむから溢れて当たり前じゃね?
病院なのに死体に酷い仕打ちだな

>>167
そんな酷い病院は名前晒せ!


171 :愛と死の名無しさん:2009/10 /17(土) 17:55:42
>>170
結構色々な病院で行われていますよ。
意味があるかは分かりませんが、溢れ出したら
ただの血液や胃液より厄介なのは間違いありませんね。


134 :愛と死の名無しさん:2008/12/20(土) 19:37:31
エンバーマー養成の専門学校ってあるの?


135 :愛と死の名無しさん:2008/12 /21(日) 01:01:05
>>134
あるよ。
神奈川県に


138 :愛と死の名無しさん:2009/01/28(水) 11:48:03
エンバーミングとエンバ又はエンバーって種類が違うのかな?


139 :愛と死の名無しさん:2009/01/29(木) 21:38:47
エンバーミングembalmingは日本語で「遺体衛生保全」と訳しています。動詞はエンバームembal
mです。
言いにくいのでしょうか。エンバーミング施設をもつ葬儀担当者が省略して「エンバ」「エンバー」と言い慣わしているようです。
したがって同じことを言っているケースがほとんどです。
「エンバ」「エンバー」は俗語ということになります。
学校は2年制です。高卒程度以上、原則として40才未満の方が受験資格があります。
いま、日本では日本人エンバーマー(処置技術者)が増え、3分の2になっています。
正確な数字は忘れましたが40名以上になり、その4分の3は女性の方です。
皆さん真面目に取り組んでいます。
いま施設数は約30です。
1988年から日本ではエンバーミングが行われるようになりましたが、現在は年間総数で約1万6千体に対して行われています。
なお、IFSA(日本遺体衛生保全協会)の自主基準により死後50日までに火葬または埋葬することにしています。
法的に規制されているのではないですが、必要性から50日以内でいいだろうということと、国民感情もあり、死体遺棄罪に問われることを危惧した規定です。
また自主基準ではIFSAの資格認定されないエンバーマーによる処置を禁止し、北米で資格取得した日本人、外国人もIFSAに登録し、自主基準を守ることを誓約することが条件になっています。
また、2親等以内の遺族による自署による依頼がなければしてはいけませんし、2親等以内の遺族の明示の反対がある場合も禁止しています。
なお、エンバーミングは法的に刑法の死体損壊罪との関係が取りざたされましたが、3年前に「IFSAの自主基準に従って行われている限り違法ではない」という大阪高裁の判決が確定(それに異議を唱えた最高裁への上告を最高裁が棄却)しています。
エンバーミングの処置料は12~15万円程度です。将来的に普及すれば8万円程度にはなるでしょう。
処置は環境衛生および労働衛生の観点からIFSAが現地調査をし、認定した施設のみで行うことができるとしています。
各地の自治体の規制値をクリアすることは当然のことです。


143 :愛と死の名無しさん:2009/03/08(日) 00:46:16
給料どれくらい?
ガッコ卒業して就職先あるの?


147 :愛と死の名無しさん:2009/05/22(金) 01:56:56
エンバーミング技師って給料安いな。
1人やって1万ももらえないのによくあんな仕事するよ。
事務員並みの給料で休みも少ないのによくやる。
同級生がエンバーミング技師になってたけど給料俺の半分。そりゃ普及しないわ。


163 :愛と死の名無しさん:2009/09/08(火) 23:48:49
臨床検査技師だったけどエンバーマーを目指します。
お給料は検査技師やってた時の方が多いかもだけど^^;
病理解剖助手やってたから死体には抵抗なし。
私達の仕事は解剖するまで。
綺麗にする仕事はできなかった。
乱暴に扱われる遺体を毎回みて、これでいいのかな?と考えはじめました。

これから身内だけの小規模な葬儀が増えるので感染防止腐敗防止のためにも必要な技術だと
思うけど甘いかな?


166 :愛と死の名無しさん:2009/09/22(火) 02:09:13
>>163
資格取っても就職先が無い。
エンバーミングする施設が増えてないから資格取っても働けない。
俺の会社の事務員がエンバーミングの学校行ってて資格持ってるよ。
あんな仕事して休みも年間100日以下で月の給料手取り15万とかなんだろ?
葬儀屋に安くコキ使われて体壊してまでやる仕事か?
劇薬とか毒使って副作用で出産なんかできないんだろ。
リスクを軽視しすぎてるよ。


168 :愛と死の名無しさん:2009/09/26(土) 19:13:06
>>163
小規模の葬儀屋はエンバーミング施設持てないからね。
建設費は土地があっても1億近く、維持費で年間1千万。
既存の限られた施設は技術者の飽和状態。
必要な技術でも費用がなければ普及はしないよ。

現実的に必要なのはエンバーミングより臨床検査技師。
死んだ人より生きてる人のために働いて。


172 :愛と死の名無しさん:2009/10/19(月) 11:27:20
>劇薬とか毒使って副作用で出産なんかできないんだろ。
>リスクを軽視しすぎてるよ。

病理の検査技師なんて劇薬(ホルマリンや有機溶剤)、感染症のリスクにまみれてる。
大手の検査会社や大学病院なんては対策してるがそれでも0にならない。
対策の仕様がないプリオン(狂牛病の原因)なんて、感染するかしないかは運まかせ。
(解剖後にプリオンに感染してたとわかったりするから)
自分への害+生きている患者さん相手のミスできない緊張感。
医療情勢の悪化のためか心を病んだり体を壊すスタッフが増えているようだ。
エンバーミングの作業で感染するより、医師を含めた医療関係者の方がリスクが高い。
エンバーミングのコースがある専門学校によると看護師さんが仕事やめたりして入学する
事も多いみたいだ。

必要な技術かもしれないが日本に普及するかは未だに未知の分野である。
葬儀の縮小化、家族間の絆が切れてつつあるためか合理化を求めてか先に火葬を
済ませ御骨での葬儀。
日本人の根本にある死を穢れという考え方。
法的な問題。

それを踏まえてエンバーマーの道に進むなら良いかと。
あくまでもエンバーミングのできる葬儀スタッフという立場になりそうだが。


173 :愛と死の名無しさん:2009/10 /21(水) 23:19:57
>エンバーミングのできる葬儀スタッフという立場

それ、ありそうで難しいと思う。
葬儀スタッフとしての仕事内容にもよるけど‥‥
雑用や補佐だけですむなら
必要な時にエンバーにまわれるけど
ちょっと担当にあたったり時間を拘束されると
動けなくなると思う。


180 :愛と死の名無しさん:2009/10/25(日) 10:35:54
>エンバーミングのできる葬儀スタッフという立場
平塚の専門学校のパンフにしっかり書いてあった。
葬儀ディレクター技能審査2級がとれると全面的に宣伝してるし。
エンバーミングの仕事は少ないから仕方ないのかもね。


176 :愛と死の名無しさん:2009/10/23(金) 23:43:48
監察医制度ですら超遅れてるこの国でエンバーミングは定着しないだろう
アメリカでは弁護士・医者と並ぶ職業なのに
>>163が本気で目指すならアメリカ行くことだ


177 :愛と死の名無しさん:2009/10 /24(土) 00:02:23
>>176
宗教の違い、火葬率の違い、施行料金の違い。
そういうの無視して、あたかも日本が遅れているような事を言うのもどうかと。


178 :愛と死の名無しさん:2009/10/24(土) 18:21:58
アメリカでは医師と弁護士に並ぶ職業??????????
アメリカの医師資格は日本よりも難しく、弁護士資格もロースクール等の
制限があり、日本よりは簡単ではないはず。
一方、エンバーマーは2年以下の職業訓練学校か葬儀社に勤めて
在職証明書をもらい、州の試験を受けて州の資格をもらうと聞いた。
弁護士や医師の資格から見れば比べ物にならない簡単な資格。
アメリカ人の友人に聞いたら、「日本の弁護士や医師はそんなにレベルが
低いのか?、アメリカも同じでバカにするな」と憤慨された。

誰が「弁護士や医師と並ぶ仕事」などと嘘を言っているのか。


179 :愛と死の名無しさん:2009/10 /24(土) 21:37:35
場所によると思いますよ。
アメリカでも一部は資格を取得して民間の解剖を行い、医療ミス裁判などに活躍しています。
その多くはエンバーマで解剖で死因の究明から葬儀埋葬まで携わります。
彼らの場合は大学で医療の勉強をしてフューネラルの資格を取得したエリート達ですが。
日本の場合は大卒でなくても短期間の勉強でエンバーマーにしてしまうのでしょう?
そうなのであれば地位の低いエンバーマーにしかなりえないと思います。
大学でエンバーミングを学ぶところもありますし、職業訓練で簡単取得できるところもあります。
>>176>>178の定義とするエンバーマーがまず違うと思います。
双方が知人にいますがエリートは知識も収入も地位もあります。
そうでない方は知識も乏しく地位も収入も平均的サラリーマン以下です。
日本は後者に近いのではないでしょうか。

葬儀業者のぼったくり体質が変わらない以上はエンバーミングも料金アップの手段にしか見えません。


181 :愛と死の名無しさん:2009/10/26(月) 00:20:51
>場所によると思いますよ。

なるほど、よく分かりました。
エリートのエンバーマーと地位の低いエンバーマーに分類されるのですね。
そうなると、日本では解剖は医師等でしか出来ないはずですので、
日本ではエリート・エンバーマーは存在しないことになりますね。
医学の勉強をしてからエンバーマーが良さそうですね。


182 :愛と死の名無しさん:2009/10 /26(月) 00:40:31
医師免許取得してエンバーマーになるより、
医者になる方が自分のため世のためだよな。


187 :愛と死の名無しさん:2009/11/11(水) 00:21:11
>>181
解剖の助手をしているエンバーマーはいる。
とは言っても医師の監督がないと出来ないからアメリカとはだいぶ違うけど。


189 :愛と死の名無しさん:2009/11/22(日) 19:02:57
日本は解剖助手は無資格。
高卒以上なら誰でもできる仕事。
エンバーミング資格持っててわざわざ助手する意味あんの?


191 :愛と死の名無しさん:2009/11 /23(月) 00:52:49
エンバーミングは海外輸送に資格が必要
現在は無資格を黙認されて野放し状態だが、検視制度の見直しに伴い変化は出てくるはず
無資格ではエンバーミング裁判起こされた場合100%負けるから、料金の踏み倒しや負け裁判を避けるために資格を作った
海外で資格を取っても日本で働くには、日本の資格も取らないといけない


192 :愛と死の名無しさん:2009/11 /23(月) 04:05:27
>>191
そもそも日本に公的な資格なんて無いだろ。
海外に輸送するのに日本の民間資格が通用するのか?
民間資格というのは、業界内や社内でしか通用しないもの。

海外の国家資格と日本の民間資格と区別して語った方がいいんじゃないか。


193 :愛と死の名無しさん:2009/11/26(木) 00:02:29
海外だけどエンバーミングの資格に関するものがあった。

http://www8.plala.or.jp/slr-jp/CCP016.html


194 :愛と死の名無しさん:2009/11 /29(日) 08:58:49
海外に搬送するには資格を持ってる技術者か医大なんかの教授や医者がやらないといけないらしい。
大使館の友達に聞いてみたら、民間資格だろうと基準を満たしていればエンバーミング技術者として防腐や感染症に対して安全に搬送できる処置ができる知識と技術を持っていると判断できるかららしい。
例え知識も技術もあっても資格がなければ受け入れ側が認めないってことみたいだけど。
だから無資格エンバーミング技術者は海外に搬送させられないから、医大がエンバーミングをやってることもけっこうあるんだって。
ただし医大に頼むと費用がめちゃめちゃ高いそうだ。

新型インフルエンザがパンデミック状態だからエンバーミングはもっと必要になるだろうな。


195 :愛と死の名無しさん:2009/11/29(日) 13:04:44
新型インフルエンザやパンデミックではエンバーミングは出来ない。
法律で定められた感染症を民間資格で勝手にやられると、
感染拡大が起こった場合には誰が責任を取るのか。
感染症の遺体は医学資格がなければ出来ない。
民間資格は民間資格で葬式業界内だけで通用する資格。
葬式の民間資格は10個以上あるが、資格が無くても葬式は出来る。
業界や組合が出来ると独自の民間資格を作るが、正式なもの何もはない。
そもそも、有資格、無資格と言っているのはエンバーミング資格を作った
業界であり、公的資格が無い状態ではみんな無資格者。


196 :愛と死の名無しさん:2009/11 /29(日) 17:15:32
感染症の中でも24時間以内の火葬が認められてる感染症は、
医療機関がやらんとマズーかも知れないな。

国内の医療機関以外で、3類以上の感染症のエンバーミング施行実績はあるの?


197 :愛と死の名無しさん:2009/11/29(日) 17:44:55
以前は法定伝染病等はやらないと書かれていた。
正確には、やらないではなく出来ないため。
法律が変わりややこしくなってからは適当になったみたい。

実際に5類のヤコブはやらないが2類の結核はやっている。
本来は4類の中にも危険なものもあり、出来ないと思う。
4~5類も危険だが3類以上は葬式屋がやるのは危険であり、
近隣住民に知れたら大変なことになると思う。


198 :愛と死の名無しさん:2009/11 /29(日) 18:08:37
>>197
なるほどね。
医療施設内で医師の監督下とかじゃないと難しそうだね。


183 :愛と死の名無しさん:2009/10/26(月) 06:39:17
南田洋子ってエンバーミングしたの?


184 :愛と死の名無しさん:2009/10 /26(月) 12:33:13
したんじゃないかな。
ドライアイスで1週間うちのばーちゃんが待たないといけなかった時、色がかわって匂いもひどくて葬式にならんかったよ。


186 :愛と死の名無しさん:2009/11/08(日) 11:31:20
>184
それは、処置がダメだったからだと思う。

1週間待ちでドライ対応なんて、これからの時期
普通にやってる


199 :愛と死の名無しさん:2009/11/29(日) 23:46:13
新型インフルで亡くなった友人の家族はエンバーミングされたんだが…
手伝いに行ってた時にエンバーミングしたから年寄りも呼べると言ってた
葬儀屋に聞いてみたらヤコブやカイセンや硫化水素自殺なんかもやったことがあるとの事
医療機関じゃ「やらない」わな
エンバーミングできる医療施設がどれだけあるか知らないけど


200 :愛と死の名無しさん:2009/11 /30(月) 00:20:17
>>199
現状では、法律や国によるガイドラインがないので自由に出来る。
なので、行う業者もいたり自主的に行わない業者も居ると思われ。


201 :愛と死の名無しさん:2009/11/30(月) 13:52:29
新型インフルとかを葬式屋がやったら危険だな。
何のための感染症新法かわからん。
新型インフルワクチンでも葬式屋は対象外だろ。
確かに法律を作る連中は、葬式屋が危険な感染症で
金儲けをしているとは思いもつかないな。


202 :愛と死の名無しさん:2009/11/30(月) 14:48:30
葬儀屋的には、新型インフルより肝炎の方が危険でないかい。



死んだら咳もクシャミもしない。


203 :愛と死の名無しさん:2009/11/30(月) 17:36:15
死体動かしたらウイルス飛び散るんじゃね?
火葬前に葬式したいのが家族だろうし、新型インフルエンザ隠して参列するぐらいならエンバしてて欲しいけどな。
香典払って病気もらうってのは勘弁だ。


204 :愛と死の名無しさん:2009/11/30(月) 18:14:46
ウイルスって、宿主(人間として)死亡だと
増殖が無くなるか
それ自体、ご臨終する確立が高いだろうから
大丈夫だよ


205 :愛と死の名無しさん:2009/11 /30(月) 22:00:37
>>203
結核のような空気感染のものは安全だと専門書で読んだ。
インフルの接触感染というのは、手に付いた飛沫が口や鼻を触る事により感染すると聞く。
肝炎なんかは小さな傷口や粘膜から直接感染するらしい。
インフルも飛沫を消毒すれば、感染力は低いのでは。
感染力は低くても感染すれば危険なので、慎重に扱うという事だろう。


206 :愛と死の名無しさん:2009/12 /04(金) 13:13:49
ウィルスと細菌は違うからね


207 :愛と死の名無しさん:2009/12/08(火) 05:52:37
もっとエンバーミングのことを知ってほしい



関連[エンバーミングされたレーニン(没後約80年)の様子]
スポンサーサイト
コメントの投稿
※サーバーの混雑等により、コメントの反映に遅延が生じる場合があります。



Powered By 我RSS


freearea
freearea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。