スポンサーサイト(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

葬式イベント(0)

235 :本当にあった怖い名無し:2008/09 /06(土) 09:22:03 ID:38IxdC6D0
某ネトゲでイベントを開きたい人の協力をし、ゲーム通貨をもらう通称イベントコーディネーターみたいなことをしておりました。
数百人規模のボス討伐の主催のような大きいものから、個人の誕生日を祝うイベントまで色々してきました。
これが案外好調で、ゲーム内でもイベント主催キャラとしてある程度名前も売れてたと思います。
この体験談は、私の最後のイベントコーディネーターの仕事でもあり、今までやってきたイベントの中でも特殊な部類でした。

その内容というのは「葬式をやってほしい」と言うものでした。
なんでも、その依頼者のギルド(仲間を集めて作るコミュニティーのようなもの)のメンバーが死んだらしく
生前その人はお祭りごとが大好きで、最後も華やかに見送ってほしいというものでした。
私もその死んだプレイヤーのことは知っており、確かに明るく行動的で、晒し系にもそこそこ名前が出されている人でした。
個人的にはあまり乗り気ではありませんでした。
やっぱりそういうのは身内で質素にやるものであり、ゲームの人間、
しかも私みたいな部外者が関与することでは無いと思った為です。
しかし、依頼費が破格で、私も誘惑に負けてしまいました。

今思えばそれが間違いでした。



236 :本当にあった怖い名無し:2008/09 /06(土) 09:35:00 ID:38IxdC6D0
そのギルドにはネットラジオで見送ろうという希望があり、ラジオを聞きながら黙祷を捧げるようにしたいとのことでした。
参加者はごく親しい知人と、ギルドのメンバーと部外者である私。。。
私は、葬式と言うことを忘れ、葬式ゲームをしてるかのような感覚で、イベントで使うであろう、花やそういった類のアイテムを回収しておりました。

いよいよ、葬式当日がやってまいりました。私にとっては葬式イベントでしたが、やはり他のイベントとは違い、陰険なムード。
死んだ人は対人(プレイヤーとプレイヤーが戦うこと)が好きだったので、対人イベントをしました。
これは盛り上がり、陰険なムードも次第に明るくなっていきました。
ここでネットラジオをするとのこと。

DJさんは泣いており「これは暗くなる・・・」なんて思ってた時です。
ラジオにノイズが混じり、聞き取りにくい様子。
これは私だけでなく、他のリスナーもかなり困惑しておりました。
ノイズ(ハウリング?)の間から聞こえる泣きじゃくるDJの声。その声から女性であることは想像できました。
チャットでは「泣くなよw」「泣いてたら○○も気使うぞwww」など慰めにも似たログで埋まっておりました。
次の瞬間、ひどかったノイズが収まり、突然明るい声男性の声で「ちょwww落ちたwwwびびったマジでwww」

え?周りが騒然としました。じゃあさっきまで泣きじゃくるような声でしゃべっていたのは誰?
そんなことをチャットで話していると、そのDJがINしました。
DJは何がおこったのか分かってない様子で、ラジオを通じて「ちょwwwこのチャット何www脅かそうとしてるんだろwww」
といっておりました。
次第に「DJの釣りだ。俺ら釣られてるんだ。悪趣味なことするなよw」と言う人が出てきました。
それに乗ったような形でDJも「さーせんwww全部俺の釣りでしたwww」と明るく言いました。
こうしてその場は明るく収まりました。


237 :本当にあった怖い名無し:2008/09 /06(土) 09:48:23 ID:38IxdC6D0
イベントも終わり、1時間程度たったときでしょうか…
私にイベント依頼者からwis(個人チャット)があり、ちょっと一度こっちへ来てほしいとのこと…
もう眠たかったのですが、変な様子なのでとりあえず行くことにしました。

依頼者「さっきのラジオのことなんだけど・・・」
DJ「俺どうしよ・・・俺が浮かれてたのが悪いんだ・・・」
依頼者「ちょっとメッセ上げれる?いやさ・・・参加者にラジオ録音してた奴がいてさ・・・」

ゲーム内では個人的なやり取りを一切していない私でしたが、様子も様子なので捨て垢を取り、メッセを教えました。
そこで送られてきたファイルはそのままラジオの中身でした。
依頼者「ちょっとノイズのところに耳傾けてみて」

ラジオ「(ノイズ)・・・ウゥ…ヤ・(ノイズ)・テ…アウ…ウゥ(ノイズ)・メテ…アーーアア!!…ヤメロ(ノイズ)」

鳥肌が立ちました。
依頼者「これやめてって言ってるよね?」
DJ「これ、死んだ○○の声だよ…こんなのやるべきじゃなかったんだ…」

聞くと、DJと死んだ子は一時期、仲が良かったらしく、ギルドの人にばれないよう、二人で遊んだりしてたそうです。
しかし、次第に疎遠となり、彼は嫌われたと感じていたとのこと。
ゲーム内では明るい彼女でしたが、学校で虐めにあっており、それを苦にして自殺したらしいのです。
これはDJしか知らないことでした。
DJ「俺がもっと接してあげてればこんなことも無かったのかもな…もういい…」
と言い残し、装備を地面に撒きそのままログアウトした彼がその後どうなったのかは不明です。


スポンサーサイト
コメントの投稿
※サーバーの混雑等により、コメントの反映に遅延が生じる場合があります。



Powered By 我RSS


freearea
freearea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。