スポンサーサイト(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

屋根(0)

e88.jpg

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/03(木) 12:49
友達から聞いた話で一番怖かった話です。

その友達をA子とします。A子とA子の彼氏、B子とB子の彼氏の4人でドライブに行きました。そのドライブの帰り道の事です。

夕焼けも終わって、だんだん辺りが薄くなってきたころA子達の走っている車も、その前後の車もライトを付けました。
一日中遊んだ後だったので運転していたA子も含めみんなは眠くなってきています。
そこでA子がみんなで怖い話をしようと提案しました。一人づつ順番に人から聞いた話や自分の体験等を語って、その場は盛り上がっていました。
辺りはすっかり暗くなりました。

その時、すれ違った車にパッシングされました。
ただのパッシングではなくなぜか、しつこく何度もパッシングされました。
A子は何だろうと思いましたが、みんなは話に夢中で気が付いていないようでした。
半ドアかな?とも思いましたが大丈夫そうです。ライトもちゃんとついています。

そんなことを考えていると、後ろの車がいきなりブーブー!!とクラクションを鳴らしてきました。そしてまたパッシング。
何事かと今度はA子の友達や彼氏も気が付いたようです。

でも、その時脇に車を寄せるくらいの幅がなかった為車を止める事ができずそのまま走っていました。
すれ違いざまに何かを叫んでいく人までいました。

信号が赤になっているところでようやく車をとめることができたとき、隣の右折斜線に入った車がA子達の車の横につけてきて、窓を開けて何か言ってきます。
A子が窓を開けて、話を聞きました。

信号が青に変わり、隣の車は行ってしまいましたがA子は青ざめた顔をしてなかなか車を走らせようとしません。
B子がどうしたの?なんだって?と聞くと、A子は

「・・・私達の車の上に子供が乗っていたんだって。でも、それを言おうと思って隣に車を止めてみたらいなくなってたんだって」


スポンサーサイト
[ 2010/05/13 ] 【Short】 車. | | コメント(0)
コメントの投稿
※サーバーの混雑等により、コメントの反映に遅延が生じる場合があります。



Powered By 我RSS


freearea
freearea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。